わんちゃんライフ

わんちゃんライフ

0120-119-032

受付時間 10:00〜18:00

お問い合わせ

犬の口臭の原因は歯周病の可能性?歯周病になる原因から対策を紹介

犬の口臭の原因は歯周病の可能性

愛犬の口が臭くなった場合には、口腔内に何かしらの問題が起こった可能性があります。犬は虫歯になりにくい代わりに歯周病になりやすいといわれており、3歳までに約80%の犬が歯周病に羅漢していると言われています。そんな犬に多い歯周病の原因や対策を紹介します。

犬の歯周病の原因は?

犬の歯周病の原因は?

歯周病の原因は歯垢といわれます。歯垢とは、食べ物のカスや細菌の塊の事です。歯垢は歯の表面にべったりとついていて、この歯垢を放置していると歯石になり、更に歯垢が溜まり、それが歯石になるという悪循環に陥ります。
歯垢ができるスピードはどの犬でも同じではなく、唾液の量に関係するといわれ、唾液が少ない犬は歯垢ができやすくなります。
また、軟らかい食餌を食べていると硬い食餌をしている犬よりも歯垢が溜まりやすくなります。
ただ、硬い食餌を食べたり、硬すぎるものを噛んだりしていると歯茎を傷つく事があり、この傷から炎症が起こり、結果的に歯肉炎を発症する事もあります。
歯垢の場合は歯磨きによって除去することができますが、歯石にまで進行するとブラシでは取り除く事は難しく、動物病院で麻酔をかけて処理をしなければならないということになりかねません。

歯周病の症状は?

歯周病を発症すると、歯肉が腫れたり、出血しやすくなります。
この状態を放置すると、歯が抜け落ちてしまい、歯肉と歯の間に溝ができ、この溝に歯石や細菌が蓄積と増殖をして膿が溜まったりして溝が大きくなっていきます。歯周病を発症している場合は、口臭がきつくなったり、歯肉が腫れたり、出血しやすくなります。また、歯がグラグラしてきたり、歯が抜ける事から硬いものを食べる事ができなくなっていきます。

歯周病の治療

歯周病の治療

歯周病の治療としては歯周病の程度によって変わってきます。
初期段階では、歯垢や歯石を取り除いたり、薬物の投与によって行われます。症状が悪化している場合には外科手術などを行います。
歯がグラグラしている場合には抜歯が行われ、歯垢や歯石の場合は麻酔をかけた状態で取り除かれます。
動物病院の中には麻酔をかけずに行うところもありますが、犬は人のようにおとなしく口を開けているようなことは非常に少ないので、基本的には麻酔がかけらます。
歯石は歯ブラシでは取り除く事ができないので、スケーラーという医療器具によってスケーリングが行われます。また、研磨をしたり、歯垢がつかないようにコーティング等が行われます。

歯周病を予防するには

歯周病を予防するには歯石になる前に歯垢の段階で取り除く事が大切な予防法です。
また、口の中の状態をよく観察して異常があればすぐに動物病院に連れて行くようにしましょう。
歯垢を取り除くには歯磨きが有効ですが、犬は口の中に何かを入れられたり、触られたりする事を嫌います。なので、仔犬の頃から習慣化する事が大切です。

犬が嫌いな歯磨きを好きに変えるには?

歯磨きをするのは成犬から始めるよりも仔犬の頃がいいといわれています。その理由は犬事態にまだ力が弱いので扱いやすい為です。まずは口の中を触られる事に慣らしていきます。いきなり歯ブラシを口の中に入れるのではなく、人の手で歯茎を触れるようになりましょう。
その後、少しずつ歯を触れるようにしていきます。はまでさわれるようになったら、手にガーゼを巻き付けて歯を磨くようにしていきます。
この際のガーゼは破れにくいものを選ぶようにしましょう。また、噛まれないように注意しましょう。
ここまで問題なくやれた場合には、次に歯ブラシによる歯磨きですが、まずは歯ブラシ自体の警戒心を取り除く事が優先されます。
歯ブラシをイヌの前に持っていき、安全なものである事を学習させて、いよいよ歯磨きに行きます。
歯磨きは人の歯磨きと同じ要領でやっていきます。歯磨きの際に歯磨き粉を使用する場合には人のは使用しないようにします。
人の歯磨きにはキシリトールが使用されているものもあります。このキシリトールは犬にとっては有害物質なので、人用ではなく、ペット用若しくは使用せずに歯磨きをするようにします。
歯磨きの頻度は理想は1日1回ですが、2~3日に1回でも十分です。最悪でも1週間に1回は必ず行うようにしましょう。

まとめ

食べる事は犬が生活する上で必要不可欠な行動ですが、歯周病になる事で食べる事もできなくなってしまいます。なので、歯周病にならないように習慣的に歯磨きをしっかりとするようにしましょう。

わんちゃんライフとは 商品ラインナップ お客様の声 健康情報コラム ご利用ガイド サイトマップ