犬の口内炎の治療法!症状から原因、予防法まで紹介

犬の口内炎

犬の口の中で炎症が発症した状態を口内炎といいます。口内炎になると口臭が強くなったり、食事をする事ができなくなってしまい体重減少をしてしまう事もあります。必要な栄養素を摂取する事ができなくなると免疫力が低下してしまい他の疾患を引き起こしてしまう事にもなります。そんな口内炎の原因や症状、治療法などを紹介します。

口内炎の種類と原因

口内炎の種類と原因

口内炎は系統性と潰瘍性の2つに大別されます。

系統性口内炎

系統性口内炎は、レプトスピラやジステンパー、糖尿病やビタミンの欠乏、腎臓病、抗生物質による長期の治療といったものが原因となり発症する口内炎で、一般的に口内炎という場合にはこの系統性口内炎の事をいいます。
他にも疲れている場合や栄養が不足している場合、免疫力の低下と細菌感染が重なって発症する場合、歯石が口腔粘膜を傷つけて発症する場合などもあります。

潰瘍性口内炎

潰瘍性口内炎は多くの場合が原因不明で、代謝異常、栄養不良、免疫の乱れ、感染症などが原因ではないかと言われています。
多くの場合は歯周病から歯肉炎を発症し、歯肉炎が口内炎を引き起こす事が多いようです。
原因がはっきりとしていない為に系統性口内炎よりも厄介だといえます。

・マルチーズ
・キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル
・アメリカン・コッカー・スパニエル
・イングリッシュ・コッカー・スパニエル
・ブービエ・デ・フランダース
上記の犬種は好発傾向があるといわれているので、特にこの犬種を飼われている場合には潰瘍性口内炎は要注意です。

口内炎の症状

口内炎の症状

口内炎の主な症状としては、食欲不振・大量のヨダレ・口臭・口内の腫脹といったものがあります。
また、犬自身が口元を気にするようになったり、何も食べていないのに「くちゃくちゃ」とするようになります。
口内炎を発症すると、口腔内に発疹や水泡、潰瘍などが発生してしまい、口臭が強くなることがはっきりとわかるようになります。
この口臭は犬が舐めた場所にも付着するので、飼い主や家族も気付く事ができます。
また、血が混じったヨダレやおもちゃなどに血が付着する事もあります。
こういった場合には口腔内をチェックしたり、動物病院で診察を受けるようにしましょう。
口内炎の症状が強く発現している場合には、食欲の低下と体重減少を引き起こしたり、全身性の疾患や自己免疫性疾患による発熱も確認されます。

口内炎の治療

口内炎の治療

口内炎の治療は口内炎のタイプによって違ってきます。

系統性口内炎の場合には原因がはっきりとしているので、口内炎事態の治療ではなく、原因となっている疾患の治療が施されます。
原因となっている疾患の症状の1つとして発現する系統性口内炎なので、原因となっている疾患の治療が上手く進めば、口内炎は改善されていきます。

潰瘍性口内炎の場合には原因がはっきりとはしていませんが、歯周病から派生する事が多いので歯周病の治療が施されます。
歯垢や歯石をできなくしたり、できている場合にはその除去をする事によって歯肉の炎症を抑えていきます。
飼い主や家族としてできる事としては歯磨きなどのデンタルケアによって歯垢ができないようにすることです。

何かしらの原因で歯が欠けてしまい、その歯が口腔粘膜を傷つけている場合には抜歯が施されます。また、その際には歯肉、歯周組織、歯を入れていた歯槽骨という顎の骨も取り除かれるので大手術となってしまいます。
また、レーザーによる切除も施される事があり、レーザーによって血液の供給が少なくなることで炎症が軽減される事もあります。

内科的治療としては、抗菌薬、抗炎症薬、免疫調整薬などの投与が施されます。

口内炎の予防

口内炎の予防

口内炎の予防には口内を清潔にしておく事が大切です。日頃からのデンタルケアが重要で、特に日頃の歯磨きが重要です。
歯磨きは仔犬の頃から習慣化しておくと、ストレスなく行う事ができます。
歯磨き以外にもデンタルケアを目的としたおもちゃやガムなどもありますが、あまり硬いものだと歯が折れてしまう事もあります。
口内炎を予防する為のデンタルケアは、口内炎を引き起こす原因を作ってしまう事もあります。
デンタルケアを目的としたおもちゃやガムなどを使用する場合には歯が折れないように注意する必要があります。
また、犬は何でも口に入れてしまう習性があるので、安全なものであればいいですが、口に入れた者が原因で口腔内を傷つけてしまわないように、犬の飼育環境課から電気コードや化学薬品などを取り除いておくことも口内炎の予防となります。
系統性口内炎の原因である全身性疾患を予防する事と定期的な健康診断で愛犬の健康状態を把握しておくことも大切です。

まとめ

口内炎は直接命に係わる事はないですが、食事を取れなくなることで健康的に生活を送れなくなる事もあります。
また、治療も大手術をしなくてはいけなくなる事もあります。
そうなれば大事な愛犬に余計な負担をかける事になってしまいます。
なので、日頃の歯磨きや健康管理によって口内炎を引き起こさないようにする事が大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする