わんちゃんライフ

わんちゃんライフ

0120-119-032

受付時間 10:00〜18:00

お問い合わせ

犬が嘔吐した原因は?原因や食事、対処法について解説!

突然、愛犬が嘔吐し始めたら

元気に走り回っていた愛犬が突然嘔吐したら、何か悪い病気になってしまったのでは、と心配になってしまうのが飼い主の心情です。しかし実は、犬の嘔吐はそこまで珍しい現象ではありません。元々猫飼いの人、猫飼いの友人が居ると猫の嘔吐に悩まされる「ネコゲロ」という言葉を身近に目にする機会がありますが、猫と同じく、犬もまた頻繁に吐く事がある動物なのです。

 

どうして犬は嘔吐してしまうのか

犬と猫の共通点は「四足歩行」の動物である事です。四足歩行の動物は消化管の作りが地面と平行になっており、嘔吐に胃の内容物が逆流する動きの必要な人間と比べて「吐き出しやすい」体のつくりをしています。野生において、異常な物を食べてしまった時に必要な防衛反応とも言えますが、中毒やアレルギーでも無いのに吐いてしまうのにはいくつかの原因が考えられます。

【食べ過ぎ・早食いによる胃への刺激】


一気に沢山食べてしまう食べ過ぎ、一息にガツガツと食べてしまう早食いは、犬の嘔吐、厳密には「吐出」という現象を引き起こします。胃の中に入った消化途中の内容物を吐くのが「嘔吐」ですが、この「吐出」は胃、食道に大量の食べ物が入った刺激によって、消化する前に吐き出してしまう事を指します。吐いた後にも関わらず弱った様子が無く、すっきりとした様子を見せている場合はこの吐出であると考えられます。
全ての犬が一気食い、早食いをしてしまう訳ではありませんが、多頭飼いで早く食べないと他の子に食べられてしまう、元々食いしん坊など、どうしてもこの食べ方になってしまう犬も少なからず居ます。しかしこの食べ方を抑える為の工夫はあまり難しくありません。フードをふやかして与える水やスープに入れて与えるフードを入れるお皿を早食い防止食器にするなどの対策があります。多頭飼いの場合は一カ所で与えず、1匹ずつ別の場所で食べさせる事で、横取りさせる恐れが無くなり、落ち着いて食べられるようになります。

 

【空腹による胃酸過多、水の飲みすぎ】


これは胃の内容物が少ない状態、胃液を吐く場合に多いケースです。特に空腹による胃酸過多は、夜の睡眠中に消化を終えた早朝に起きがちです。胃液だけを吐いた時、透明や白色の他に、黄色っぽい色に見える事があります。これは十二指腸から分泌される胆汁なので、殊更心配する必要はありません。ただし、吐いて胃の中が空っぽなのに、ずっとえずき続けている黄色や緑色の胃液を吐き続けているならば、すぐに病院に連れて行きましょう

 

【植物を食べた後で吐く】


これは判断が難しいケースです。犬が食べても問題がない、毒の無い草を食べての嘔吐ならば、これは食べ過ぎの胸焼け等で「吐きたい」と感じている犬が草を食べて吐いている事があります。この場合は本能的なものなので概ね問題ありません
しかし犬が食べてはいけない毒性のある植物は、遊歩道や公園の彩りとして植えられている・自生している事が多いのです。アサガオ、アジサイ、チューリップ、イチョウ、ブドウなど、これらは犬にとって毒性のある植物です。身近な植物であっても油断せず、散歩中はなるべくそうした植物の無い道を散歩コースにして、自宅でガーデニングをする人は「犬 毒性 植物」で調べて問題ない物を選択する事で中毒は避けられます。万が一、愛犬がこうした植物を口にして、嘔吐だけではなく痙攣下痢血便を伴った症状が出てきた場合は、全て吐かせる→水を大量に飲ませて、迅速に獣医師の診察を受けましょう

 

何らかの病気が原因で吐くケースも


中毒症状のように、嘔吐に伴って+αの症状がある場合には、消化器系の病気や感染症が原因である可能性があります。炎症や腫瘍、閉塞といった内臓の異常は外からは見えず、判断がつきにくいです。普段より元気が無い、嘔吐と一緒に下痢もしている、嘔吐の様子が激しくなっていた場合は、すぐに医師の診断を受けた方がよい目安となります。

 

普段と様子の違う嘔吐なら、すぐに病院へ

犬は吐きやすい動物ですが、かといって嘔吐を軽んじてはいけません。一日に何度も嘔吐をしている、下痢を伴っている、ぐったりと元気が無い、こうした嘔吐は何らかの病気のサインである可能性が高くなっています。胃の中身を吐いてしまう嘔吐は、体力を削る上に脱水症状も引き起こす危険性があります。子犬、老犬にとっては命取りになる事もあるので、嘔吐の症状が続く、その他の痙攣や下痢などの症状の見られる場合は、早めにかかりつけの獣医師・動物病院を受診するようにしましょう。また、夜間であっても症状が激しい場合は動物の救急病院もためらわず受診するようにしてください。

わんちゃんライフとは 商品ラインナップ お客様の声 健康情報コラム ご利用ガイド サイトマップ