わんちゃんライフ
わんちゃんライフ
0120-119-032

受付時間 10:00〜18:00

お問い合わせ

犬の皮膚病には種類がたくさんある!症状や原因、治療法を徹底解説

かゆがったり、毛が抜けてしまったりする愛犬に気付き、皮膚病を疑った経験はありませんか?皮膚病とは、皮膚になにかしらの病変が起こること。比較的、犬がかかりやすいうえ治療にも時間がかかる厄介な病気と言われています。
犬の皮膚病に気付かずに放置してしまうと、他の病気を併発してしまう可能性があるため、飼い主さんは適切な治療を行わなければなりません。
この記事では、代表的な犬の皮膚病の種類や症状、原因や治療方法などをご紹介しています。「愛犬が皮膚病かもしれない」「皮膚病にならないように普段からできることを知りたい」と思っている方は、ぜひ参考にしてください。

目  次

1.犬の皮膚病とは?
1-1膿皮症
1-2マラセチア皮膚炎
1-3アトピー性皮膚炎
1-4皮膚糸状菌症
1-5甲状腺機能低下症

2.犬の皮膚病の予防方法
2-1定期的にブラッシングや耳掃除、シャンプーなどのケアをしてあげる

2-2寄生虫がつかないように対策を行う
2-3食事に注意してあげる

3.まとめ

 

1.犬の皮膚病とは?

画像:皮膚病が発症している犬
犬が普段より「体をかゆがる・なめる・ひっかく・かむ」などの行為を繰り返している場合は、要注意。皮膚病は他の病気より軽く捉えられがちですが、治療をせずに放置すると他の病気が併発しやすくなるため、適切な治療を行うことが大切です。
犬の皮膚病にはさまざまな種類があり、原因や治療法も異なります。ここでは、代表的な犬の皮膚病をご紹介します。

1-1膿皮症

膿皮症(のうひしょう)とは、皮膚に常在しているブドウ球菌が増殖することで起こる細菌感染です。皮膚病の中では比較的かかる割合が高く、再発しやすいことが特徴。再発する膿皮症は、再発性膿皮症と呼ばれます。再発を防ぐためには、細菌感染の治療を行うことはもちろん、免疫力の低下につながる原因を把握することが重要です。

症状

膿皮症になると以下のような症状がみられます。
・かゆみ
・フケ
・皮膚の赤み
・かさぶた
・脱毛
・湿疹
・膿疱 など
初期段階で表れやすいのは、かゆみやフケ、皮膚の赤みやかさぶたです。比較的飼い主さんが気付きやすい症状なので、普段と様子が違う場合は、早目に動物病院を受診しましょう。
膿疱とは膿がたまった腫れのようなもの。破れると赤くただれ、皮膚がじくじくした状態になります。湿疹は赤くポツポツとしたものと、皮膚が盛り上がったようなものが発症します。
膿皮症は全身に発症しますが、特に発症しやすいのはお腹や脇・内ももなどです。ただし、顔には発症しません。

原因と治療法

膿皮症の原因は、ブドウ球菌の増殖による細菌感染です。ブドウ球菌は普段から犬の体に存在している菌のため、この菌辞退が存在していることは問題ではありません。ただし、免疫力や皮膚のバリア機能が低下してブドウ球菌が皮膚内に侵入し、大量に増殖してしまうと、細菌感染が起こり膿皮症の症状が出てしまう場合があります。
免疫力や皮膚のバリア機能が低下する原因は、年齢や体質などさまざま。12週齢から1歳前後くらいの若齢犬の場合、そもそも免疫力や皮膚のバリア機能が完成していません。若齢犬以外の場合は、ホルモン異常やアレルギー性皮膚炎などの基礎疾患や、服用している薬の影響が原因のことが多いです。また、気温や湿度の高い環境での飼育も犬の免疫力の低下につながるため、暑い季節は環境を整えることが大切です。
治療には、抗生物質の投与や殺菌薬を含んだシャンプーによる治療が一般的。搔きむしった傷から細菌感染が起こるため、かゆみを抑えるための治療が重要です。また、フードや犬用サプリメントによる体質改善で免疫力の高い体を作ることも効果的でしょう。

かかりやすい犬種

膿皮症にかかりやすいのは以下の犬種です。
・パグ
・ブルドッグ
・ボストン・テリア
・ジャーマン・シェパード・ドッグ
・シェットランド・シープドッグ
膿皮症は上記以外の犬種でも発症する可能性があります。また、甲状腺機能低下症や副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)などのホルモン異常の基礎疾患がある犬も注意が必要。普段から皮膚の状態を観察するよう心がけましょう。

1-2マラセチア皮膚炎

マラセチア皮膚炎とは、マラセチアが異常繁殖することにより皮膚に炎症が起こる病気です。皮膚のべたつきや強いかゆみ、体臭が強くなることが特徴。また、気温や湿度が高い季節に起こりやすい皮膚病の1つです。

症状

マラセチア皮膚炎になると以下のような症状がみられます。
・皮膚のべたつき
・強いかゆみ
・皮膚の赤み
・フケ
・色素沈着
・油っぽいにおい
・皮膚が固くゴワゴワする
初期段階では、皮膚のべたつきや赤みの症状が出ます。症状が進むと慢性化し、色素沈着や皮膚が固くなる症状が起こり、体から脂っぽいにおいがすることもあります。
マラセチア皮膚炎が発症しやすいのは、耳の内側・あご・口周り・首・脇・指の間・爪周り・お腹・内もも・陰部周辺などです。

原因と治療法

マラセチア皮膚炎の原因は、カビの一種であるマラセチアです。カビと聞くと驚くかもしれませんが、マラセチアは普段から犬の体に存在している菌のため、マラセチアが存在することは問題ではありません。しかし、免疫力や皮膚のバリア機能が低下するとマラセチアが異常繁殖し、皮膚炎を引き起こします。
マラセチアが異常繁殖する大きな理由は、皮脂の分泌量の増加です。マラセチアは皮脂をエサとして生きているため、皮脂の分泌量が過剰に増えるとマラセチアも異常繁殖してしまいます。
そのため、皮脂の分泌量が多い犬種が発症しやすく、加齢とともに症状は悪化する傾向があります。若齢犬の場合は、外耳炎をきっかけにマラセチア皮膚炎になるケースも多いため、併発しないように初期段階でしっかり治療することが重要です。若齢犬以外の場合は、ホルモン異常やアレルギー性皮膚炎などの基礎疾患や、服用している薬の影響が原因になることが多いです。
治療では、マラセチアの数を減らすために、抗真菌剤の内服やシャンプー治療を行います。菌の増殖を防ぐ成分が入ったシャンプーを週2〜3回継続することで症状が抑えられます。また、皮膚のバリア機能を高めるために保湿を行うことも効果的でしょう。

かかりやすい犬種

マラセチア皮膚炎にかかりやすいのは以下の犬種です。
・シーズー
・フレンチ・ブルドッグ
・プードル
・ダックスフンド
・マルチーズ
・パグ
・チワワ
・ウェスト・ハイランド・ホワイトテリア
・アメリカン・コッカー・スパニエル
特に多いのはシーズーです。また、パグやフレンチ・ブルドッグなどの顔にひだがある犬種は、ひだの間にマラセチア皮膚炎が発症することもあります。もちろん、上記以外の犬種でも発症する可能性はあります。

1-3アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは、なにかしらの刺激に反応し、皮膚にかゆみが生じる病気。代表的な刺激は、ハウスダストやダニ、カビや花粉などです。本来は無害であるはずのこれらの物質に過剰に反応し、かゆみなどの症状を引き起こす病気がアレルギー性皮膚炎です。
アレルギー体質の犬の場合、比較的若いうちから症状がでます。最初は症状がでる季節が限られていたり、発症する箇所が限られていたりしますが、だんだん慢性化して1年を通して症状がでてきます。残念ながら、完治するのは難しいといわれている皮膚病です。

症状

アトピー性皮膚炎になると以下のような症状がみられます。
・強いかゆみ
・炎症
・湿疹
・脱毛
・色素沈着
・皮膚が厚くなる など
アトピー性皮膚炎は、強いかゆみがしつこく続くことが特徴です。掻きむしった部分が炎症を起こし、湿疹や脱毛、色素沈着へとつながります。また、耳・目の周り・口の周り・足先・脇・お腹・しっぽの付け根・陰部周辺と、広範囲で発症します。

原因と治療法

アトピー性皮膚炎の主な原因は遺伝的要素。元々アレルギー体質であることが原因です。アレルギー体質の犬は乾燥肌のため皮膚のバリア機能が低く、抗体が簡単に皮膚を通過してしまい、結果アレルギー症状が発生します。遺伝的要素のため完治することは難しく、できるだけ症状を抑えながらうまくつきあっていかなければなりません。
遺伝的要素に環境的要素が加わるとさらに症状が悪化するため、アレルギー体質の犬の飼い主さんは、特に環境に気を使う必要があります。ハウスダストやダニ、カビや花粉などが発生しにくいように、以下のことを心がけ、症状を最小限に抑えてあげましょう。
・部屋はマメに掃除する
・空気清浄機を設置する
・布類は防ダニ効果のあるものを使う
治療には、飲み薬やぬり薬、注射などによる体の内部からの治療、シャンプーや保湿などの体の外部の治療があります。
シャンプーや保湿剤は、獣医さんと相談し、刺激物をきれいに取り除いてくれるタイプや、保湿効果の高いタイプを選びましょう。必須脂肪酸を含んだフードやサプリメントで、体質改善を行うことも効果的です。

かかりやすい犬種

・アトピー性皮膚炎にかかりやすいのは以下の犬種です。
・ゴールデン・レトリーバー
・ラブラドール・レトリーバー
・ジャーマン・シェパード・ドッグ
・柴犬
・フレンチ・ブルドッグ
・シーズー
・ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア
・トイプードル
もちろん、上記以外の犬種でもアトピー性皮膚炎になる可能性はあります。ただし、多頭飼いしていても、お互いに移し合うことはありません。

1-4皮膚糸状菌症

皮膚糸状菌症(ひふしじょうきんしょう)とは、カビの一種である糸状菌に感染し、皮膚に炎症が起こる病気です。皮膚の角質、爪、毛穴などに入り込み、糸状菌を増殖させて毛穴の中に入った糸状菌が脱毛などの症状を引き起こします。
犬が感染する糸状菌は数種類あり、人に感染するタイプも存在するため注意が必要。また、他の動物にも移る可能性があるため、多頭飼いの方は特に気をつけましょう。

症状

皮膚糸状菌症になると以下のような症状がみられます。
・脱毛
・円形脱毛
・皮膚の赤み
・かゆみ
・かさぶた
・フケ
・湿疹 など
皮膚糸状菌症の特徴は脱毛です。脱毛した場所から糸状菌が円状に増殖し、円形脱毛が発症するため、飼い主さんが気付きやすい皮膚病です。ただし、初期では皮膚の赤みやフケなどの症状のみが表れ、脱毛しない場合もあります。
症状が進行し細菌感染を併発すると、炎症を起こしている部分が腫れ、皮膚から膿のような液体がでてくる場合もあります。さらに症状が進むと、肉芽腫と呼ばれるしこりのようなものができてしまうこともあるため、早目に治療することが大切です。皮膚糸状菌症は、耳の周り・目の周り・鼻の周り・口の周り・足に発症することが多いです。

原因と治療法

皮膚糸状菌症の原因は、糸状菌と呼ばれるカビの一種が皮膚に入り炎症を起こすこと。糸状菌は以下のようにさまざまな場所から感染します。
・皮膚糸状菌症に感染している犬との接触
・汚れた土を掘ることによる感染
・汚れた物に触れたことによる感染
ただし、必要以上に恐れることはありません。なぜなら、健康状態の良い犬は、簡単に皮膚糸状菌症にかからないからです。犬も人間と同様で、免疫力や抵抗力が低い状態のときに感染しやすいため、普段から犬の免疫力向上を心がけてあげましょう。
治療は、抗真菌薬の投与や薬用シャンプーによる治療が一般的です。症状が落ち着いた後も、定期的なシャンプーできれいな皮膚を保ってあげましょう。また、犬同士の接触にも気を配ると安心です。免疫力を上げるために、サプリメントを取り入れることも効果的でしょう。

かかりやすい犬種

皮膚糸状菌症にかかりやすいのは以下の犬種です。
・ヨークシャーテリア
・ブルドッグ
ただし上記以外にも、以下に該当するような免疫力や抵抗力が低下している犬がかかりやすい傾向があります。
・子犬
・老犬
・甲状腺機能低下症や副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)などのホルモン異常の基礎疾患がある犬
・薬を投与している犬
また、毛の生え変わる換毛期にも感染が起きやすい傾向もあります。

1-5甲状腺機能低下症

画像:甲状腺機能低下症
甲状腺機能低下症とは、人間で例えると「橋本病」。甲状腺から分泌される甲状腺ホルモンが減少することで、さまざまな不調がでる病気です。
甲状腺とは、喉の器官の横にある小さな臓器のこと。甲状腺から分泌されるホルモンは体全体の代謝を活発にする働きがあります。そのため、甲状腺ホルモンが正常値以下になると、体にさまざまな不調が起こります。小型犬よりも、中型犬大型犬で発症しやすいことも特徴です。
「最近元気がない」「急に体重が増えた」などは甲状腺機能低下症のサイン。犬だけでなく人間の女性でも同じような症状が起こりますが、犬の場合、性別は関係ありません。

症状

甲状腺機能低下症になると以下のような症状がみられます。
・左右対称の脱毛
・フケ
・皮膚のべたつき
・色素沈着
・疲れやすく、元気がない
・食事内容は変わらないのに体重が増える
・体温の低下
・筋力の低下
・寝ている時間が増える
・寒がりになる
・顔面麻痺
・不整脈 など
飼い主さんが気をつけるべきことは「年をとったせい」で片づけないことです。確かに加齢とともに似たような症状はでますが、左右対称の脱毛や体重の増加がある場合は、甲状腺機能低下症を疑ってもおかしくありません。
重症になると意識障害などを起こす可能性もあるので、早目に気付き、適切な治療をしてあげることが重要です。

原因と治療法

甲状腺機能低下症の原因は、甲状腺ホルモンの減少です。甲状腺ホルモンの分泌が減少する理由は、リンパ球性甲状腺炎や特発性甲状腺委縮、甲状腺腫瘍など、甲状腺自体に問題がある場合がほとんど。
甲状腺ホルモン異常になる理由は遺伝的な要素が強いといわれていますが、明確にはされていません。また、副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)など、他の病気から甲状腺機能低下症が併発するケースも多いです。
治療は、甲状腺ホルモン剤の投与が一般的。投与開始から1〜2ヶ月程度で、脱毛が治まったり体重が減ったり、なにかしらの症状が改善されてくるケースが多いですが、定期的な検査は必要です。また、甲状腺機能低下症は基本的に完治しないとされているため、治療は生涯続ける必要があります。

かかりやすい犬種

甲状腺機能低下症にかかりやすいのは以下の犬種です。
・ゴールデン・レトリーバー
・ボクサー
・コッカー・スパニエル
・シェルティー
・ド―ベルマン
・柴犬
・ダックスフンド
・ミニチュアシュナウザー
・プードル
甲状腺機能低下症は、上記のような大型犬や中型犬に多く、小型犬で発症するケースは少ないです。

2.犬の皮膚病の予防方法

愛犬が皮膚病になると適切な治療を行わなければなりません。皮膚病の治療には、時間がかかるうえ、完治が難しい場合もあります。なにより、愛犬が辛い思いをしてしまいます。
ワンちゃんに辛い思いをさせないために、普段から皮膚病の予防をしてあげましょう。ここでは、犬の皮膚病の一般的な方法を3つご紹介します。

2-1定期的にブラッシングや耳掃除、シャンプーなどのケアをしてあげる

1つ目は、定期的にブラッシングや耳掃除、シャンプーなどのケアをしてあげることです。

ブラッシングのポイント

ブラッシングは犬用のブラシを用意し、短時間でもいいので毎日行ってあげましょう。皮膚を傷つけないように、優しくブラシすることがポイントです。毛玉がある場合は無理やりブラシでほぐそうとせずに、ハサミや犬用のバリカンでカットしてください。カット後には、皮膚が傷ついていないかチェックを忘れないようにしましょう。

耳掃除のポイント

定期的な耳掃除も大切です。特に耳が垂れている犬種の場合、汚れや湿気がたまりやすい部分。犬用イヤークリーナーを使うと安全にお手入れできます。マメにチェックすることで、外耳炎が防ぎやすくなります。

シャンプーのポイント

シャンプーは必ず犬用のものを使いましょう。皮膚が乾燥するとバリア機能が低下して皮膚病になりやすいため、保湿成分が入っているシャンプーがおすすめです。
また、30℃〜35℃くらいのぬるめのお湯で洗ってください。シャンプー液は直接犬の体にかけず、指で泡立ててから洗うようにしましょう。脇や内ももなどは洗い残しがちな場所なので、注意が必要。シャンプー液が皮膚に残るとかゆみの原因になるため、すすぎはしっかり行いましょう。
乾かす際はすぐにドライヤーを使用せず、水分をタオルでよく拭き取ります。ドライヤーを短時間で済ませることで、乾燥が防げます。

2-2寄生虫がつかないように対策を行う

2つ目は、寄生虫がつかないように対策を行うことです。
犬の皮膚病はノミやダニなどの寄生虫によって発病するケースもあるため、普段から予防を行うことが重要です。暑い季節以外はノミやダニがいないと思っている方も多いですが、そんなことはありません。ノミやダニは気温が13℃以上になると活動するため、1年を通して対策が必要になります。具体的には、以下の対策がおすすめです。
・ノミ取り首輪やノミ取りドライシャンプーなどを利用する
・散歩をするときには、予防薬をつける
・こまめに掃除機をかけるなど、室内を清潔に保つ
・空気清浄機を設置する
・室内に布類を置くときは防ダニ加工のものを使用したり、マメに洗濯をする
どれも簡単にできることなので、ぜひ実践してみてください。

2-3食事に注意してあげる

3つ目は、食事に注意してあげることです。
アレルギー体質の犬には、アレルギー成分が入っていないフードを与えることは最重要ポイントです。フードの裏面には必ず成分表が記載されているので、しっかり確認し、犬の体にアレルギー成分をいれないように心がけましょう。
また、犬が皮膚病になる原因の1つに、免疫力の低下があります。免疫力は普段の食事で改善可能です。今はさまざまなフードが販売されているので、タンパク質ビタミンが豊富に入っているものを取り入れてみましょう。
フードを変えると食欲が減ってしまうワンちゃんには、簡単に栄養がとれる犬用サプリがおすすめ。いつものフードにふりかけるだけで栄養補給ができるタイプもあります。

3.まとめ

犬が皮膚病になる原因は、細菌感染や炎症などさまざまな要因があります。しかし、その要因を引き起こす元の原因は、免疫力の低下や寄生虫、犬同士の感染などです。これらの要因は、飼い主さんの気配りで防ぐことが可能。また、遺伝的な原因の場合でも、生活環境改善や体のケアで症状は軽くなります。
犬の体や室内を清潔に保つ、フードに気を配り体質改善をしてあげるなど、愛犬のためにできることはしてあげましょう。皮膚病の予防をすることで飼い主さんの愛情が伝わり、ワンちゃんとの絆がより深まるはずです。

わんちゃんライフとは 商品ラインナップ お客様の声 健康情報コラム ご利用ガイド サイトマップ
公式LINE
公式LINE