わんちゃんライフ

わんちゃんライフ

0120-119-032

受付時間 10:00〜18:00

お問い合わせ

アレルギーの犬のためにドッグフードを選ぶコツ!

犬のアレルギーってあるの?

人間と同じように、犬にもアレルギーは存在します。様々な種類のアレルギーがある中でも、日々の食事に対してアレルギーがある場合は特に注意が必要です。食事をした後から元気がないといった場合は、自己判断せず、まずは獣医師に見てもらい診断してもらうようにしましょう。食事が原因の体調不良についても、純粋にアレルギーであるとは限りません。
単純に食中毒の場合、犬の体質によって食物過敏症を引き起こす場合があります。免疫関係のアレルギーもあるので、食事の原材料によるものとは限らないのが難しいところです。

 

日々の食事であるペットフードによるアレルギーは実はそれほど多くありません。保管状態の問題でカビなどに反応する事もありますし、ペットフードに含まれているたんぱく質が原因となる場合もあります。犬アレルギーに対する正しい知識と、愛犬の体調管理について知っておくことが大切です。

 

正しい対応で犬アレルギーを予防する

本来、犬がペットフードを食べる事によってアレルギーを引き起こすことはあまり多くありません。食事後体調を崩すことがあっても、人間で言う所の食あたりである事も多いのです。最もわかりやすいのが、ペットフード自体が傷んでしまっているという場合です。保管状態の問題で、カビなどが発生してしまい、それらの有害物質によって体調不良を引き起こしてしまいます。日本は湿度の高い時期もあるため、保管状況にも気を配る必要があります。

 

また、アレルギーを引き起こすこと自体は少ないと述べましたが、人間と同様本来有毒性のないものに対して、反応をしてしまう体質の犬もいます。ペットフードの原材料として多い肉類、穀類にフルーツ、野菜など幅広い品目で可能性があります。ペットフードの成分表を確認し、原因となる原材料を特定する事も愛犬の健康を守るためのポイントとなります。

 

現在様々な種類のペットフードが販売されていますが、原材料や成分表をじっくりとみる機会は実際のところあまり多くないと思います。食事後に体調が悪くなることが多いのであれば、アレルギーの可能性も否定できないため、含まれている原材料の少ない物をあえて選ぶことで、原因となりそうな食材をある程度絞ることは可能です。

 

食材以外の成分表にも注意しよう

人間の食事と同様、残念ながらペットフードも100%絶対に大丈夫というものは存在しません。だからこそ、長年連れ添う事になるパートナーが食べる日々のペットフードには最大限配慮してあげたいところです。食材が体質に合わない、アレルギー反応を起こしてしまうという原因以外にも注意しなくてはいけないのが、食品添加物についてです。人間の食事においても、過剰な添加物の摂取が問題になっていますが、ペットフードにも保存性、見た目の向上という目的で添加物が使われていることがあります。
人工添加物の種類としては以下のようなものが該当します。

酸化防止剤・・・エトキシキン
発色剤・・・亜硝酸ナトリウム
保存料・・・ソルビン酸カリウム
着色料
甘味料・・・ソルビトール

これらの物質は、犬にとっては本来すべて必要のない成分ばかりです。嗅覚、味覚が人よりも敏感なだけに、影響も大きいと言えるでしょう。

 

愛犬の健康を守るという意味では、原材料、成分表をしっかりと確認し無添加のものを選ぶのが理想です。その反面、無添加のペットフードは高価になりやすい事、そして賞味期限が短く、管理が大変になるのがデメリットとなります。また、安価なペットフードのすべてが問題がある訳でもないため、何度も述べていますが、成分表、原材料をしっかりと確認し、愛犬の体質に合わせた食事の提供を心掛けることが大切です。

 

また、アレルギーに過剰になりすぎて愛犬の栄養バランスが崩れてしまっては本末転倒です。アレルギーリスクが高くないのであれば、バランスの良い食事を心掛ける事、保管状態については私たちが気を付けてリスク管理をすれば問題ありません。人間であっても、日々の食事が栄養バランスのみに特化したものであれば、楽しくないのは想像できると思います。食事を楽しませることも愛犬の健康を維持するために大事になので、かかりつけの獣医師等が要るのであれば、良く相談したうえでペットのフードバランスを決めて上げてください。

わんちゃんライフとは 商品ラインナップ お客様の声 健康情報コラム ご利用ガイド サイトマップ