わんちゃんライフ
わんちゃんライフ
0120-119-032

受付時間 10:00〜18:00

お問い合わせ

犬の白内障に効果が期待できる食べ物|与える際の注意点も解説

犬も「白内障」になることをご存知ですか?

白内障にならないように、対策したいと思う飼い主さんは少なくはないはずです。

今回は、白内障予防の上で大切な事、予防におすすめの食べ物、与え際の注意点を紹介していきます。

目 次

▼犬の白内障とは?

▼症状について|4つのステージとは?

▼ 目の健康を守るために定期的に検診を

▼目の健康対策に効果大の食べ物
・ブルーベリー
・鮭
・ブロッコリー

▼食べさせ方と注意点

▼サプリメントで白内障の進行を予防

▼まとめ

 

犬の白内障とは?

目の中でレンズの役目を果たしている物を、水晶体と言います。この水晶体が、何らかの原因で濁った状態を「白内障」と言います。

この濁りは非可逆的で、一度白くなると元には戻りません。濁りの範囲が広がると、失明する恐れがあります。

症状について|4つのステージ

「白内障」は、の濁りの範囲により初発期~過熟期の4つのステージに分けられます。

①初発白内障

水晶体の濁りが15%以下の状態。
視覚への影響もほとんどなく、自覚症状はほとんどありません。

②未熟白内障

水晶体の濁りが15%以上の状態。
視界がぼやけ、見えづらさが出てきます。

③成熟白内障

水晶体の白濁が100%の状態。
光に対する反応はあり、近くで動くものは捉えることは出来ます。

④過熟白内障

失明する直前の状態。
水晶体自体が硬くなり始めます。

目の健康を守るために定期的に検診を受けましょう

白内障対策の為に定期的に検診を受けましょう

定期的に動物病院で検診を受けることが大切です。

目の病気といっても数多くあり、白内障緑内障のほかにも結膜炎など人間と同じように目の異常を感じてしまうことがあります。

目のトラブルを抱えていても気付きにくく症状が悪化してから動物病院で治療をスタートしたというケースも少なくありません。
症状が悪化してしまうと投薬だけでなく手術を行わなければいけないこともありますので、定期的に検診を受けて早期に発見し、愛犬の目を守る対策を行いましょう。

日頃から愛犬に目を向けていつもと変わった様子がないかを確認してみると良いでしょう。

▶愛犬の瞳にオススメな商品はこちら

犬の白内障予防におすすめの食べ物!

白内障予防には、毎日使っているドッグフードなどを見直してみることもおすすめです。
犬も人間と同じように目に良いと言われる食べ物を積極的に摂ることで効果的な白内障対策を行うことができます。
過剰に同じ食べ物を与えてしまうことはおすすめできませんが、毎日の食生活の中で無理なく取り入れてみると良いでしょう。
愛犬が年齢を重ねてもいつまでも健康な目や身体を維持できるように早速、毎日の食事から健康対策を始めてみてはいかがでしょうか。

①ブルーベリー

目の健康対策に効果大の食べ物ブルーベリー
犬の目の健康におすすめな食べ物といえばブルーベリーです。
人間の目の健康にも欠かせないと言われているブルーベリーには、
抗酸化作用を持つアントシアニンが含まれています。
白内障予防に役立つのはもちろんのこと、眼精疲労にも効果を期待できるなどブルーベリーには数多くのメリットがあります。また、ブルーベリーと同様にアントシアニンが豊富に含まれている黒豆やムラサキイモ、ムラサキキャベツを与えるのも非常に効果的でよいでしょう。
おやつに適量を与えたり、食事に混ぜて与えたりするだけでもアントシアンを取り入れることができるので、白内障対策におすすめです。

②鮭

目の健康対策に効果大の食べ物鮭

鮭には、抗酸化物質であるアスタキサンチンが含まれているだけでなく、
オメガ3脂肪酸(EPA、DHAなどを含む)など目のほかにも愛犬の身体にも良い成分がたっぷり含まれているのも特徴です。
アスタキサンチンは、人間の美容対策にも嬉しい効果をもたらしてくれると言われていますが、白内障予防にも役立つことでも知られています。

【リンク】鮭を使った手作り食レシピはこちら

③ブロッコリー

目の健康対策に効果大の食べ物ブロッコリー
ブロッコリーには、スルフォラファンやビタミンC、βカロテンやカルシウムが含まれており、抗酸化作用があるだけでなくコラーゲンを生成する効果が期待できます。適量与えることで目を守れるのはもちろん、骨を強くすることや毛並みを整えてくれるといった多くのメリットがあるのでおススメです。
また、アントシアニンやアスタキサンチンのほかにもビタミンCやβカロテが含まれている食べ物を積極的に与えることも効果的な対策法です。

食べ方と注意点

食べさせ方の注意点

①鮭を生で与えるのはNG

犬の目の健康対策に効果的だと言われている鮭は、そのまま生の状態で与えることはNGです。
火を通さずにそのまま与えてしまうとアニキサスなどの寄生虫に感染してしまう可能性があります。
適切な方法で処理し刺身として食べられるものであれば生の状態で与えても問題はないと言われていますが、安全に愛犬に鮭を与えたいのであれば必ず火を通してから食べさせてあげると良いでしょう。

②効果的でも与えすぎはNG

また、ブルーベリーやムラサキイモ、鮭、ブロッコリーなどの食べ物は、犬の目や健康に良い効果をもたらしてくれるものの、適量を守って与えることが大切です。
どんなに犬の目の健康対策に効果があるといっても適正量を超えて与えてしまうと肥満につながってしまうだけでなく、新たな病気に見舞われてしまう可能性もあります。

最近では、安心安全に白内障対策を行える犬用のサプリメントも販売されています。
バランスの良い食事を与えながらサプリメントをプラスすることで、より効果的な白内障対策が行えるので試してみてはいかがでしょうか。

サプリにより白内障の進行を遅らせる方法も!

「アイズワン」は犬の管理栄養士と共同開発獣医師監修のアイケアサプリです。

目の健康を維持するとされているビタミン類をはじめとする良質な栄養素8種類のうち6種類が含まれているので白内障、緑内障などの目の病気の事前予防、進行防止におすすめです。

▶愛犬の瞳にオススメな商品はこちら

まとめ

犬も人間と同じで、日々を健康に過ごし、病気にならないようにするためには、
飼い主さんが日頃からの食生活の管理や検診をこまめに受けること、
そのほかにも愛犬の様子をよく見てあげるなどの
日頃からのケアが大事だということが分かりましたね。

愛犬が白内障などの病気にかからないように、元気に楽しく日々を過ごすためにも、
ぜひ今回の記事を参考にしてください。

 

▶愛犬の瞳にオススメな商品はこちら

わんちゃんライフとは 商品ラインナップ お客様の声 健康情報コラム ご利用ガイド サイトマップ
公式LINE
公式LINE