わんちゃんライフ

わんちゃんライフ

0120-119-032

受付時間 10:00〜18:00

お問い合わせ

放置は危険?犬のチェリーアイについて解説

犬 チェリーアイ 目

チェリーアイの「チェリー」とはさくらんぼのこと。

これは目頭にある「第三眼瞼」という部分が飛び出してしまい、その様子がさくらんぼに似ていることから名付けられたものです。

今回は、そんなチェリーアイの症状や治療法について解説していきます。

1.チェリーアイの症状

犬 目 チェリーアイ

もともと白~薄いピンクをしている組織が飛び出してくるため、目頭の部分に光沢のあるピンク~赤色をしたかたまりが突出したような状態になります。

見た目の段階ではっきりとわかるので察知しやすい病気と言えるでしょう。

厄介なのは飛び出した部分に炎症が発症しやすいことで、感染によって黄緑色をした目やにが出たり、目全体が充血した状態に進展する可能性があることです。

さらにかゆみや違和感からワンちゃんが眼をこすってしまうことで傷をつけてしまい、角膜損傷結膜炎といった他の病気を誘発してしまうこともあるので要注意です。

こうした状況からもできるだけ早い段階で察知して適切な治療を行うことが重要です。

目頭にピンク~赤いものが飛び出してきたらすぐにチェリーアイと判断すること、または涙の量が増える目を気にしてこする素振りを見せる痛がるといったサインも見逃さないようにしましょう。

なお、片方の目だけ発症するケースと両目に発症するケースが見られます。

さらには片方のチェリーアイが完治した後にもう一方の目に新たに発症する例なども報告されています。

【関連商品】

わんちゃんの目の健康サプリ「アイズワン」

 

2.チェリーアイの予防

犬 チェリーアイ

このチェリーアイをどう防げばいいのか?

残念ながら遺伝的な要素が大きい病気のため、確実な予防方法はありません。

日常生活の中で先程の症状が見られないかどうかをチェックし、見られた場合にはできるだけ早くしかるべき治療を行う、などの基本的なことを欠かさないようにしましょう。

3.チェリーアイの原因

犬 チェリーアイ

チェリーアイは、発症するワンちゃんの多くが一歳未満であることから遺伝的な要素が大きいと考えられています。

また、小型犬よりも中型・大型犬に多く見られるのも大きな特徴です。

ペキニーズコッカー・スパニエルフレンチ・ブルドッグなどにとくに多く見られると言われています。

これは遺伝的に第三眼瞼が目にしっかりと付着していないためと考えられており、予防が難しい上に治療して一度完治しても再発してしまうリスクが高いことを示しています。

このように予防が難しく、発症を防ぐために飼い主ができることは限られています。

だからこそ発症してしまった時に迅速かつ適切な対応ができるかどうかが問われる病気と言えるでしょう。

結膜炎などの重度な症状に発展させないためにも、日頃から目の健康状態のチェックを怠らないようにし、わんちゃんの健康を守りましょう。

4.チェリーアイの治療法

犬 チェリーアイ

治療方法は大きく分けて投薬外科的治療の2種類が行われます。

まず、点眼薬で炎症を防ぐ治療が行われます。

またどうしてもわんちゃんが目を気にしてこすってしまう傾向が見られるため、エリザベスカラーを使用するなどして動きを制限することも多いです。

外科的な治療に関しては症状によって内容が異なります。

軽度の場合は飛び出した部分を綿棒で押し込むだけでも治すことも可能ですが、あくまで一時的なものであって根本的な治療にはならないことがほとんどです。

基本的な治療法は、メスを入れて飛び出してしまった部分をもとに戻したうえで縫い合わせる方法が行われています。

なお、軽症の場合は投薬で炎症を鎮めた結果自然と元の状態に戻ることもあるので経過を慎重に見極めながらもっとも適した治療方法が選択されることになります。

【関連商品】

わんちゃんの目の健康サプリ「アイズワン」

わんちゃんライフとは 商品ラインナップ お客様の声 健康情報コラム ご利用ガイド サイトマップ