わんちゃんライフ

わんちゃんライフ

0120-119-032

受付時間 10:00〜18:00

お問い合わせ

合併症の可能性もあり早めの治療が求められる犬の糖尿病について

犬 糖尿病

糖尿病は、膵臓の内部から分泌されるインスリンが減少することにより起こります。

合併症のリスクもあり。わんちゃんにとって早急に対処すべき病気です。

今回はそんなわんちゃんの糖尿病について解説していきます。

 

1.糖尿病の症状

犬 糖尿病

犬の糖尿病の症状に関しては、人間の糖尿病とほぼ同じです。

まず、すぐに喉がかわいてしまうようになって水分の摂取量が多くなり、排尿の量・頻度が増加します。

しきりに水を飲みたがったり、明らかに排尿の頻度が増した場合には注意しましょう。

また、たくさん水分を摂取しているにも関わらず痩せてくる毛ヅヤが悪化するといった状態も典型的な糖尿病の症状です。

ほかにも食欲不振やすぐにぐったりと疲れてしまう嘔吐下痢が見られるといった点にも要注意。

なお体重に関しては初期段階では増加傾向が見られますが、時間が経過するにつれて減少していきます。

厄介なのは糖尿病が原因で他の病気を併発してしまう可能性があることです。

これも人間と共通していますが、とくにわんちゃんの場合は白内障と併発するケースが多い特徴を持っています。

実際、白内障の検査をきっかけに糖尿病が明らかになるケースも多いとされています。

なお、この糖尿病と合併した白内障の場合には非常に短期間で症状が進行する特徴が見られます。

ほかにもホルモンバランスの異常副腎皮質機能亢進症といった病気が伴うこともあります。

この糖尿病が悪化すると糖尿病ケトアシドーシスという命にもかかわる状態になってしまい、集中的な治療が必要になるほか、そうした治療を施しても効果が得られず命の危機に陥る恐れがあります。

 

2.糖尿病の予防

犬 糖尿病

予防に関しても、人間の糖尿病との共通点が見られます。

1つ目は、血糖値が上昇しやすい食事はできるだけ避けることです。

また、犬ならではの対策方法としてメスのわんちゃんの場合は早い段階で避妊手術を受けることで発症のリスクを下げることが可能です。

これは発情の影響でリスクが増大するためと考えられています。

糖尿病が発症してしまった後に避妊手術をするのは難しいため、繁殖を考えていない場合にはわんちゃんの将来のことを考えたうえで若齢期での避妊手術を検討してみるのもひとつの選択肢となるでしょう。

 

3.糖尿病の治療法

犬 糖尿病

根治が難しい病気ですが、後述するようにわんちゃんの糖尿病は1型糖尿病のケースが多く、膵臓がインスリンを適切に作れなくなってしまうことで生じます。

ですから治療ではそのインスリンを体内でうまく作れない状況を補うためのインスリンの投与が行われます。

一日2回注射で投与するのが一般的ですから、飼い主さんは毎日しっかり投与を行うことが求められるでしょう。

確実な効果が期待できる一方、やや飼い主さんの負担が大きくなる治療法と言えます。

 

それから予防とも関わってきますが、先述した血糖値の急激な上昇を防ぐための食事療法も大事な治療方法のひとつです。

食事の量を固定したうえで与えること、そして症状の進行(つまり体重が減少していく)のに合わせて相応しい量を与えることの両方が求められるでしょう。

さらに症状が悪化すると尿の量が減少することで脱水症状が見られるため、輸液治療が行われることもあります。

とくに先述した重度の状態、糖尿病ケトアシドーシスに陥ってしまった場合にはこの治療が不可欠です。

 

4.糖尿病の原因

犬 糖尿病

先述したように1型糖尿病が多くを占めるため、先天的な原因のほか、膵炎や自己免疫異常による発症などが挙げられます。

人間のように生活習慣が深く関わってくる2型糖尿病が多くを占めているわけではないため、予防が難しい面があるのは事実です。

 

そのほか注意したい点としては予防のところでも触れたメスの発情や妊娠、さらに膀胱炎腎盂腎炎といった感染症、さらに高脂血症腎不全といった病気が要因になる可能性があることです。

さらにステロイドや前立腺肥大症などの治療に用いられる酢酸クロルマジノンといった薬剤の投与がきっかけで発症する可能性も指摘されています。

 

人間の世界では糖尿病は判断しづらい病気として知られ、知らず知らずのうちに発症して気がついたときにはさまざまな合併症が見られるなどかなり深刻な症状にまで進行しているケースが多いとよく言われます。

気づきにくい点でも人間とわんちゃんの糖尿病は共通していますが、違うのは早めに気づくことができるかどうかはわんちゃん自身の問題ではなく飼い主の問題であること。

気になる症状が見られた場合にはできるだけ早く獣医のもとで検査を受け、治療が必要かどうかを見極めるようにしましょう。

愛犬には少しでも長く健康でいてほしいですね。

わんちゃんライフとは 商品ラインナップ お客様の声 健康情報コラム ご利用ガイド サイトマップ