わんちゃんライフ

わんちゃんライフ

0120-119-032

受付時間 10:00〜18:00

お問い合わせ

愛犬の肥満に効果的なダイエット方法は?

我が子のように愛犬をかわいがるあまり、乞われるままに食事やおやつを与えてしまい、すっかり肥満体型になってしまった犬を見かけることが増えてきました。人間も肥満は万病の元といわれダイエットするように指導されますが、犬も同様に肥満はよくありません。犬の肥満を解消するためのダイエットにチャレンジしましょう。

王道は食事制限によるダイエット

人間のダイエットでもそうですが、犬の肥満も結局のところは食べる量が多すぎて消費しきれないエネルギーが溜まったことが原因です。まずは食事制限を行い、食べる量を減らすことから始めましょう。

ただし、今までお腹いっぱい食べていた食事を減らされてしまうと満足できない犬もいるでしょう。この場合は量を減らさずカロリーを減らす食事方法をとるとよいですね。高たんぱく&低カロリーのフードを与えるようにするのがよいでしょう。タンパク質は筋肉量の維持・代謝の維持などに欠かせないためダイエットには必須です。

もし、それでも食事の量が足りず満足できない場合は、繊維量の多いドッグフードを与えるのがおすすめです。
繊維には水溶性と不溶性がありますが、ダイエットには水溶性の食物繊維が適切です。水溶性食物繊維は主に海藻類・ごぼう・果物類などの食品に含まれており、これらの食品は胃の中で膨張するため満腹感が得られやすい特徴があるためダイエットに最適といえます。

また、おやつも与えるのを控えましょう。おねだりされるとつい与えたくなりますが、ここは飼い主さんの我慢のしどころです。どんなにかわいい顔や声でおやつをねだられても、愛犬の健康の為を考えて、飼い主さんがぐっとこらえておやつを与えないようにしましょう。

運動量を増やしてダイエットをする

人間であれば「ダイエットをしよう」という自分の意識によって頑張れるかもしれませんが、犬はダイエットをしようと思って運動することはありません。飼い主さんが管理して、楽しく運動量を増やす、気が付いたら運動量が増えていたというような方法であるとよいでしょう。

ただ運動量を増やすのではなく、徐々に運動量を増やしていく方法が有効です。少しずつ散歩の距離を伸ばして愛犬の持久力を伸ばすことが脂肪の燃焼に繋がります。

そのために効果的なのは、長時間ののんびりとした散歩や水泳などの持久力を高める有酸素運動です。特に水泳などの水の中で行う運動は地上に比べ関節・じん帯への負担が少なく普段使わない筋肉を動かすことができるためおすすめです。しかし、水中での運動の際には、犬のライフジャケットの着用・ロングリードを着けるなど飼い主さんがしっかりと監視して行うようにしてください。

またその他にも、おもちゃで一緒に遊んだり、ボールを遠くに投げて取ってこさせるといったスキンシップにつながる運動で運動量を増やすのもよいでしょう。

食べることが大好きという意識を変える

室内で過ごす時間が長い犬の場合、日々の食事が大好きというケースも考えられます。また飼い主が食べる姿を見るのが好きという意識を持ってしまっている可能性もあります。このような場合、犬の意識・飼い主の意識を変えることが必要です

犬の意識を変えるためには、食事以外の楽しみを与えることです。飼い主とたくさん遊ぶ、ドックランなどで犬友だちと遊ぶといったことを増やすとよいでしょう。

どうしても食に目が向く場合には、ボールを転がすことで初めてフードが出てくるおもちゃを使って食事を与えたり、食べにくいフードボウルを使ったりするなど、食事に費やす時間を長引かせる方法もよいでしょう。

プロのトレーナーに相談しつつ行う

極度の肥満状態にある犬は、動くだけでも大変な労力を要します。無理に食事制限を行ったり運動を行ったりすると、逆に体調を損ねてしまう危険があります。まずは獣医師に相談し、適切なダイエット計画を練りましょう。その上でプロのトレーナーに相談をしながらダイエットに取り組むこともおすすめです。

無理なダイエットや急激な体重減少は犬に大きなストレスも与えてしまいます。飼い主さんとの信頼関係も崩れてしまう危険があるため注意が必要です。

プロのトレーナーであれば、愛犬にあったダイエット方法で無理なく、そして犬が楽しめるダイエットプランを考えてくれるでしょう。飼い主さんとの信頼関係を崩すことなく、無理のないダイエットが可能となります。せっかくダイエットに成功しても、体を壊してしまっては困りますよね。

ダイエットに成功した後も維持できるよう管理しよう

愛犬のダイエットが成功した後に、またもとのように食事を与えたり運動量を減らしてしまったりしてはいけません。愛犬の健康を第一に考えるのであれば、リバウンドしないよう維持管理することが大切ですね。

適切な量のフードを与えるように心がけ、沢山愛犬と遊ぶことで運動量を確保するとよいでしょう。飼い主さんと愛犬との信頼関係を深まることにもなりますよ。

ぜひ愛犬が健康的に長く一緒に過ごしていけるよう、飼い主さんが愛犬の健康管理をしっかりと行っていくようにしましょう。そしてパートナーとして末永く愛情をかけていきましょう。

わんちゃんライフとは 商品ラインナップ お客様の声 健康情報コラム ご利用ガイド サイトマップ