わんちゃんライフ

わんちゃんライフ

0120-119-032

受付時間 10:00〜18:00

お問い合わせ

愛犬のおしっこは健康のバロメーター!色から考えられる健康状態

犬がおしっこをした時に、その色や微妙な色の変化を観察し、わずかな違いに気づくことは、犬の健康管理をする上でとても大切です。自宅のトイレマットにおしっこをする子なら、色の微妙な変化にも気づきやすいでしょう。でも、外で排泄をするわんちゃんだと、なかなか色のわずかな違いに気づくことはできません。その場合には、できる範囲で良いので、ワンちゃんのおしっこの色に注意を払ってみてください。おしっこの色は、犬の健康状態を予測する大事なバロメーターです。もしその異常に気付くことができれば、病気の早期発見につながることでしょう。

ここでは、犬の尿の色から考えられる病気や原因を色別に解説していきます。

犬の健康なおしっこの色は「黄色」

黄色いおしっこをする犬

犬のおしっこで健康な色は、人間と同じくイエローです。水をたくさん飲んだ時には、透明に近い色になりますし、トイレをしばらく我慢した時には、色は濃い黄色になります。日常生活の中に尿の色の濃淡を決める要素はたくさんあります。思い当たる節があるのなら、ちょっとした色の濃さで一喜一憂する必要はありません。

しかし、考えられる理由がないのに色がとても薄い、逆にとても濃いなどの場合には注意が必要です。もしかしたらわんちゃんの体に異常が起こっているかもしれません。その場合には、すぐに動物病院を受診することをおすすめします。

要注意なおしっこの色は?

犬のおしっこ跡

犬のおしっこの色から、体内の異常を見つけることができます。

濃い色の尿

黄色でも異常に濃い色をしていたり、濁ったりしている場合には、膀胱内で細菌感染を起こしている可能性があります。また、腫瘍ができている場合にも、おしっこの色は濁ることが多いものです。

オレンジ・茶色の尿

オレンジ色や茶色をしたオシッコも要注意です。肝臓機能が低下していたり、うっかり玉ねぎを食べて玉ねぎ中毒を起こしているリスクが考えられます。また、体内での出血がおしっこに混ざった場合にも、色はオレンジ色になってしまうことが多いです。どこからどんな出血なのかを突き止める必要がありますから、速やかに動物病院を受診することをおすすめします。

フィラリアに感染した場合にも、おしっこの色はオレンジ色になります。色は濃いオレンジ色なので、気づきやすいです。そして、フィラリアが進行すると色はどんどん濃くなり、やがては醤油のような薄い茶色になります。この病気は、放置しても自然治癒することはありません。そのため、必ず動物病院で適切な治療を受けるようにしてください。

緑色の尿

緑色のおしっこをした時には、緑膿菌に感染している可能性があります。緑膿菌は、膀胱炎や前立腺炎を引き起こす細菌で、緑色の色素を排出する性質があります。そのために、おしっこの色が緑色になるのです。緑色のおしっこは、お散歩の途中で排泄する子でも、飼い主が気づきやすいものです。明らかにおかしい色ですから、直ちに動物病院を受診してください。

おしっこの色以外にもチェックしたいポイント

問診する医師

犬のおしっこは、色をよく観察することによって、体調の変化や病気を早期発見できます。その際には、色だけではなく、おしっこの状態や見た目も健康のバロメーターになります。

例えば、おしっこの中に何か異物が入っていることがあるかもしれません。これは人間でも共通していますが、尿結石の予兆とみられる結晶が排出されている可能性が考えられます。結石は、放置するとどんどん大きな石となり、ワンちゃんに激痛を与えてしまいます。また、結石が尿管などに詰まるとおしっこを排出できなくなり、毒素が体内に溜まって命を落とすリスクにもつながります。

おしっこに赤い点が混ざっていることもあります。この赤い点は血液で、膀胱や前立腺などに腫瘍があり、そこから出血している可能性があります。放置しても自然治癒することはほとんどなく、症状が進行するとおしっこ全体が赤くなってしまいます。できるだけ早い段階で動物病院を受診することで、早期治療が可能となります。

おしっこが出ない?それも異常のサインです

おしっこしようとする犬

犬がお散歩に行ってトイレのポーズをしているのに、おしっこが全く出てこないという場合には、膀胱炎や尿路結石の可能性があります。おしっこをしようとしているということは、膀胱には尿が溜まっているのです。しかしおしっこを出せないということは、尿管などおしっこの通り道が詰まっている可能性が考えられます。散歩中にさんざんおしっこをしたので、排泄ポーズをしても何も出てこないとか、水分補給を十分にしていないためにおしっこの量が少ないということも考えられます。しかし、排尿姿勢をとっても出ない状態が続くなら、念のために動物病院を受診することをおすすめします。

わんちゃんライフとは 商品ラインナップ お客様の声 健康情報コラム ご利用ガイド サイトマップ