ドッグフードの解析

【★2.70】ウェルケアドッグフードの解析|犬種ごとに合わせた多様な商品展開

ウェルケアは、犬種ごとに商品展開が多様な、国内製造のドッグフードです。

「商品名は聞いたことがあるけれど、本当に信頼できるの?」「愛犬とドッグフードとの相性は良いだろうか?」と不安に感じる飼い主さんも多いのではないでしょうか。

そこで、この記事では、ウェルケアを「原材料、成分、価格、安全性、利便性」の5つの項目で評価しています。また、解析結果だけでなく、ウェルケアの特徴や評判なども紹介しています。

編集長
編集長
ウェルケアにはさまざまな種類がありますが、今回解析し、ご紹介するのは、柴犬を対象にした「柴専用 オールステージ」です
当サイトに掲載しているドッグフードの評価は、あくまで運営者の判断に基づいたものであり、その品質を保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

詳しくは当サイトの評価基準をご覧ください。

ウェルケアの解析結果

総合評価:2.70点
(Dランク)

 

原材料
0.00
  • コーングルテンミール、家禽ミールで減点
  • 小麦粉の使用でも減点

 

成分
4.00
  • 粗繊維がやや多い
  • その他の減点ポイントはなし

 

安全性
4.50
  • 製造工場の場所や安全基準が不明
  • 獣医師による推奨などもなし

 

価格
5.00
  • 100gあたり53円
  • かなり安く買い求めやすい

 

利便性
5.00
  • kg数が2種類ある
  • 犬種によって商品バリエーション多数

 

編集長
編集長
解析の結果、ウェルケアは、Dランクのドッグフードになりました。
達人
達人
数あるドッグフードのなかでもトップレベルにリーズナブルな価格だよ。

日本の会社が製造販売している点に安心できるね。また、犬種に合わせてさまざまな商品バリエーションがあるのも便利。

ただし、ミール類や小麦など、犬の体にとって心配な原材料が複数あり、おもに原材料の面で減点が目立っているよ。

ぜひ、ウェルケアよりも総合得点が高いSランクのフードもチェックしよう

\★4.50以上の最優秀フード/

Sランクのドッグフードを
チェック

ウェルケアは、犬種ごとに商品展開が多様な、国内製造のドッグフードです。

解析のうえで「評価された点」と「懸念となった点」をまとめると、以下のようになります。

評価された点
価格がかなり安い
重さの種類が複数ある(3kg,4.5kg)
犬種に合わせて商品バリエーションが多数
Amazon・楽天で購入できる
懸念となった点
小麦粉やコーングルテンなど穀物が使われている
動物性油脂、植物性油脂の安全性が不明
ビートパルプ、魚粉の安全性が曖昧
食塩が使われている
定期購入や初回割引がない
原材料の解析詳細を見る

ウェルケアの原材料の得点は0.00となりました

危険な添加物はないものの、穀物類や、安全性がやや曖昧な原材料などが多数あるため、大幅な減点となっています

チキンミール、チキンパウダーの減点について
チキンミール、チキンパウダーには粗悪な原料が使用されている可能性があります。粗悪な原料とは、人間用には認められていないような、いわゆる4Dミートなどです。

このような原料が入っているドッグフードを食べ続けていると、犬の健康に悪影響を与えてしまう可能性があります。

小麦の減点について
小麦粉は小麦を粉状にしたものです。

小麦は、犬がアレルギーを引き起こしやすい原材料であるため、与える際は注意が必要です。また小麦に含まれるグルテンは消化しにくく、愛犬のお腹に負担をかけてしまいます。

コーングルテンフィード、
コーングルテンミールの減点について
コーングルテンフィードやコーングルテンミールとは、とうもろこしからデンプンを取り除いたものです。

糖質が多めに含まれているため、肥満の原因になることがあります。また、アレルゲンにもなりやすいので注意が必要です。

動物性油脂の減点について
動物性油脂はレンダリングをするときに製造されていると言われています。レンダリングとは、食肉を取った後の家畜の廃棄物から脂肪を搾り取ることです。

そして、動物性油脂の中には病気にかかっていた動物や家畜の殺虫剤なども含まれている可能性があります。

ビートパルプの減点について
ビートバルプとは、サトウダイコンの搾りカスのことです。

食物繊維が豊富で草食動物にはぴったりの原材料となりますが、犬のような肉食動物には必要のない栄養素です。

サトウダイコンから砂糖を搾り取る時に使う硫酸系の薬品が残留している恐れがあるので注意が必要です。

魚粉の減点について
特に種類を特定せずいろいろな魚を混ぜて加工原料に用いた場合、それを魚肉と呼び、それを加熱して油を搾った後に乾燥させた粉末状のものを魚粉と呼びます。

魚粉に含まれている油は酸化しやすいため、日本では使用が認められていない危険な添加物であるエトキシキンが使われていることもあります。

植物性油脂の減点について
植物性油脂は本来、必須脂肪酸を含む望ましい油脂です。

しかし、ドッグフードに用いられるものは熱処理、薬品処理などの過程でビタミンやミネラルが失われてしまっています。しかも、処理に用いた化学薬品が残留している可能性があります。

食塩の減点について
犬の塩分摂取量は人間の3割以下が目安です。塩分が多い食事を続けると、心臓や腎臓に負担がかかってしまいます。

そのため、犬は食塩などで直接塩分をとるのではなく、原材料に含まれているナトリウムから塩分を摂取するのが望ましいとされています。

原材料の詳細は下記の通りです。

肉類(鶏肉、チキンミールチキンパウダー)、米糠、小麦粉コーングルテンフィード、米粉、コーングルテンミール動物性油脂ビートパルプ、ビール酵母、魚粉、アルファルファミール、精製魚油(DHA・EPA源)、植物性油脂、酵母エキス、鰹粉末、いりこ、オリゴ糖、鰹・鮪エキス、乾燥カモミール、殺菌処理乳酸菌、ミネラル類(食塩、炭酸カルシウム、硫酸亜鉛、硫酸銅、塩化カリウム、ヨウ素酸カルシウム)、アミノ酸類(タウリン、DL-メチオニン、L-トリプトファン)、香料(ローストガーリックオイル)、ビタミン類(コリン、E、A、C、パントテン酸、B2、B12、ビオチン、D3)、酸味料(クエン酸)、製造用剤(二酸化ケイ素)

成分の解析詳細を見る

ウェルケアの成分の評価は4.00点となりました

粗繊維がやや多めであるため、減点となっています。

粗タンパク質25.0%以上
粗脂肪10.5%以上
粗繊維4.0%以下
粗灰分9.0%以下
水分10.0%以下
エネルギー340kcal/100g
粗繊維の減点について
当サイトでは、粗繊維が4%以上のドッグフードを「粗繊維がやや多め」と判断しています。ウェルケアは粗タンパク質が「4.0%以下」となっているため、減点となりました。もう少し抑えめであれば、お腹がゆるくなる可能性も低くなります。
安全性の解析詳細を見る

ウェルケアの安全性の評価は4.50点となりました

ウェルケアは日本で製造・販売されていますが、製造工場の詳細な場所や、安全基準などについては公開されていないため、やや減点となっています。

また、獣医師からの推奨もありません。

価格の解析詳細を見る

ウェルケアの価格の評価は5.00点となりました

3kg(1kg×3袋)の商品を楽天で買った場合、ウェルケアの100gあたりの価格は約53円です。

相場が100gあたり250円前後とすると、非常に安いほうに分類されるため、満点となっています

利便性の解析詳細を見る

ウェルケアの利便性の評価は5.00点となりました

重さの種類を3kgと4.5kgから選ぶことができ、犬種に合わせて商品バリエーションが多数あるため、満点となっています。

ただし、ウェルケアに定期購入や初回割引はありません。

ウェルケアの特徴

ウェルケア(柴専用 オールステージ)の特徴を表にまとめると、以下のようになります。

総合評価2.70点
Dランク
価格は安いものの、原材料を中心に心配な点が多い。
パッケージ
ジッパーなし
価格


※楽天最安値の場合
100g
あたり
約53円
対象柴犬・全年齢
「柴専用オールステージ」の場合
メイン食材肉類(鶏肉、チキンミール、チキンパウダー)
穀物の使用小麦粉、コーングルテンフィード、コーングルテンミール
賞味期限未開封:18か月
開封後:1.5か月
原産国日本
カロリー340kcal/100g
タイプ
ドライタイプ
直径:詳細非公開
販売元イースター
公式サイトウェルケア

ウェルケアの特徴には、以下のようなものがあります。

①犬種に合わせた商品展開

成犬
ウェルケアは、犬種に合わせてさまざまな商品が展開されています

レトリバー専用と柴犬専用では、なかでも「オールステージ用」と「シニア用」に分かれています。

また、該当する犬種の体の大きさなどに合わせ、粒サイズもそれぞれ食べやすいように調節されています。

②国産で無着色

ウェルケアは国内で製造・販売されているドッグフードです

海外の商品のように輸送時間がかからないため、新鮮性に期待できます。また、国産であるという安心感があります。

さらに、ウェルケアは無着色であり、体に害のある着色料などは使われていません。

③リアルチキン製法


ウェルケアではリアルチキン製法を使用しています

リアルチキン製法とは、チキンの旨味成分を閉じ込める方法です。

ウェルケアはリアルチキン製法によって、国産の鶏肉の味わいを残しているため、食いつきに期待できます。

こんな犬・飼い主さんにおすすめ!


ウェルケア(柴専用 オールステージ)は、下記のような犬や飼い主さんにおすすめです。

こんなワンちゃんにおすすめ!
穀物アレルギーがない
チキンの味わいが好き
お腹の調子を整えたい
こんな飼い主さんにおすすめ!
価格が安い商品が良い
犬種の特徴に合った商品を見つけたい
達人
達人
ウェルケアは小麦粉やコーングルテンが使われているため、穀物にアレルギーがないワンちゃんのほうが向いているよ。

また、どの商品も、国産鶏肉を使ったチキンメインのレシピとなっているため、鶏肉系のドッグフードが好きなワンちゃんにもおすすめ。

乳酸菌が配合されているため、お腹の調子を整えたい場合にも合っているよ。

編集長
編集長
ウェルケアは100gあたりの金額が100円を切るほどリーズナブルですから、価格が安いドッグフードをお探しの方におすすめです。

また、犬種に合わせて商品展開が行われていますから、愛犬の種類にぴったりなレシピのドッグフードが良いという方も、ウェルケアを選択肢に入れてみましょう。

ウェルケアの口コミ評判

ウェルケア(柴専用 オールステージ)の口コミを調べたところ、様々な意見が見つかりました。

口コミの収集には下記のサイトを参考にしました。

  • Amazonのレビュー

口コミをまとめると、以下のようになります。

良い口コミ
食いつきが良い
コスパが良い
悪い口コミ
食いつきが悪い
吐いてしまった
下痢になった

ここからは、ウェルケアの実際の口コミを紹介します。

良い口コミ評判

まず、ウェルケアには、以下のような良い口コミがあります。

実際の口コミを見てみましょう。

食いつきが良い

問題なく食べるのと、飽きないようで、こちらとしては助かります。

[出典:Amazon]

食べることにあまり執着しなかったのに
器に入れてまて!よし!の後
すぐに食べつくようになった

[出典:Amazon]

気に入って食べてくれてるので、よかったです。

[出典:Amazon]

コスパが良い

あまり好き嫌いが無く、何にでもがっついてしまううちの愛犬ですが、この商品に変えていつにも増して毎日がっついております( ゚д゚)笑

決めては国内産で柴専用ってところにも惹かれたのですが、1番はお値段に惹かれました(°▽°)笑

安くても美味しそうに食べてくれているのでしばらくは定期で購入しようと思います☺︎

[出典:Amazon]

中身とコストを比較検討した結果、かつ、愛犬のお気に入り具合で、この商品を買い続けています。
安心して食べさせられるドッグフードの一つだと思います。

[出典:Amazon]

悪い口コミ評判

ウェルケアには、以下のような悪い口コミがあります。

実際の口コミを見てみましょう。

食いつきが悪い

成長期の柴犬に購入。
好き嫌いはしない方だったのですが、食いつきが良くなく一度の購入のみで変えてしまいました
お試し用に小さいサイズを買っておけばよかったかなと思いました。
また、これから別のフードに変えたらみるみる毛艶が良くなったので、このフードはそこまで質が良くないかもしれません。参考までに。

[出典:Amazon]

最初は気に入り食べてましたが、最近は飽きてしまったのか 食べたくなりました犬も好き嫌いがあるのでしょうか?

[出典:Amazon]

吐いてしまった

初めて食べるワンちゃんが吐きましたでも後進んでいた3回目後大丈夫でした

[出典:Amazon]

下痢になった

うちの柴ちゃんに食べさせたら下痢が止まらないです。結局は捨てました。

[出典:Amazon]

ウェルケアの購入方法

ウェルケアは現在、おもにAmazon・楽天で販売されています

最安値はAmazonの価格です。

公式サイト楽天
Amazon
3kg在庫切れ税込1,589円
4.5kg税込1,740円
送料無料480円

※ 金額は2022年1月のものです。

  • 3kgの商品は、1kg×3袋に小分けされています。
  • 4.5kgは小分けがされていないため、気をつけましょう。

よくある質問

ウェルケアのよくある質問への回答を紹介します。

ウェルケアの給与量は?

ウェルケアの給与量については、公式サイトの各商品ページに詳細な表が公開されています。

今回ご紹介した「柴専用 オールステージ」の給与量は、下記のようになっています。


[出典:ウェルケア]

表はあくまでも目安ですから、愛犬の体調を見ながら適量を与えましょう。なお、前まで食べていたドッグフードから切り替える場合は、1週間〜10日かけて、今まで食べさせていたフードのなかに少しずつウェルケアを混ぜ、徐々に慣れさせましょう。

他にはどんな商品バリエーションがあるの?

ウェルケアでは今回解析した「柴専用 オールステージ」のほかにも、以下のような種類があります。

商品名対応
柴専用 オールステージ
(全年齢対応)

 シニアステージ
(シニア犬対応)

レトリバー専用
ミニチュア・
シュナイザー専用
ビーグル専用
ジャック・
ラッセル・テリア専用
フレンチ・
ブルドック専用
パグ専用
キャバリア専用
トイ・
プードル専用
オールステージ
(全年齢対応)のみ
ミニチュア・
ダックスフンド専用
シー・ズー専用
ポメラニアン専用
チワワ専用
ヨークシャー・
テリア専用
パピヨン専用
マルチーズ専用

このように、ウェルケアでは、犬種ごとにさまざまな商品があります。

まとめ

以上、この記事では、ウェルケアの原材料や成分などの基本情報に加えて、特徴や口コミ、メリット・デメリットなどを紹介しました。

ドッグフードが合うかどうかは、犬によって異なります。

ドッグフードを選ぶ時には、愛犬の食いつきや体調を見ながら、愛犬にぴったりのフードを探しましょう。

フード選びに迷ったら?

ドッグフードの達人では、160種類以上のドッグフードを5点満点で評価したうえで、S〜Eランクでランクづけしています

最もおすすめなのは、「Sランク」のドッグフードです。

Sランクのドッグフードなら…
★4.50以上の高得点
無添加で穀物不使用
栄養バランス◎
「獣医師推奨」「ヒューマングレード」など安全なポイント多数
お得な定期購入あり

A〜Eランクの商品とも比較したうえで、愛犬にぴったりなドッグフードを見つけましょう。

全ランク一覧は
こちら

こんな記事もおすすめ