わんちゃんライフ
わんちゃんライフ
0120-119-032

受付時間 10:00〜18:00

お問い合わせ

犬の急性胃腸炎とは?症状・治療法について解説

犬 胃腸炎 急性

犬の急性胃腸炎は、何の前触れもなく下痢や嘔吐が起こる疾患です。愛犬が急性胃腸炎になってしまったら心配ですよね。

今回はそんな犬の病気、急性胃腸炎について解説します。

目  次

▼  犬の急性胃腸炎とは?

▼ 犬の急性胃腸炎の症状について

▼急性胃腸炎は予防できる?

▼急性胃腸炎の治療法について

▼まとめ

犬の急性胃腸炎とは?

犬の急性胃腸炎の概要は、一過性の胃腸炎で、何の前触れもなく下痢や嘔吐が起こるという疾患です。

胃炎の場合には主に嘔吐、腸炎だと主に下痢が起こるという特徴があります。

原因①

原因の1つ目は、細菌感染です。お散歩に行った時に生ごみを漁ったり、悪くなった食品に付着している細菌が体内で増殖し、急性胃腸炎を引き起こすことがあります。急性胃腸炎を引き起こす細菌には、クロストリジウムやカンピロバクター、サルモネラなどがあります。また、コロナウイルスジステンバーウイルスなどが原因となるケースもあれば、回虫トリコモナスのような寄生虫が原因になることもあります。

原因②

2つ目の原因は、ストレスです。ペットホテルに預けられるなど環境が変わると、わんちゃんの体に大きな負担がかかります。そのストレスが引き金となって、下痢を起こしてしまうことは少なくありません。

原因③

3つ目の原因は、食生活の急激な変化や過敏症です。ドッグフードを急に変えるとか、わんちゃんの嫌いな食事を強制的に食べさせようとすると、急性胃腸炎を発症してしまうことがあります。

2.犬の急性胃腸炎の症状について

「急性胃腸炎」を起こすと突然嘔吐や下痢が起こります。それに伴い食欲不振、水も摂らなくなることが多いです。

急性胃腸炎による嘔吐や下痢は、持続的に起こることもあれば、間隔を空けて起こることもあります。軽症の場合には下痢や嘔吐が頻繁に起こらず、食欲もあることが多いです。

重度の急性胃腸炎では、血便が出たり、嘔吐に血が混ざったり、吐血をすることもあるので、注意が必要です。激しい腹痛が起こることも珍しくなく、わんちゃんはグッタリしたり、前足を伸ばして腰を上げるような体勢をしたり、痛みをこらえることが多くなります。

その場合、速やかに獣医の診察を受け、適切な治療を行うことで、わんちゃんの苦痛を取りのぞきましょう。

3.急性胃腸炎は予防できる?

「急性胃腸炎」は、飼い主がある程度気を付けることで予防できることはたくさんあります。

例えば、お散歩の途中、わんちゃんが生ごみを漁ったり道に落ちている知らないものを食べたりさせないようにしましょう。

また、心のケアをすることも、急性胃腸炎の予防策です。わんちゃんにストレスがかかりやすいことはできるだけ避け、快適に暮らせる毎日を提供しましょう。お留守番が多くてワンちゃんのストレスが大きくなる場合は、在宅中には必ず遊ぶ時間を設けるお散歩の時間を長くし気分転換をするなど、工夫することで心のケアができます。

4.急性胃腸炎の治療法について

軽度の急性胃腸炎は、家庭で様子を見ていても自然治癒することが多いものです。しかし、重度になると、わんちゃんにとっては苦痛ですし、病院で治療を受ける必要があります。

多くは病院で治療を受け数日で回復できます。しかし、家庭で様子を見ていて症状が治まらない場合ひどくなる場合には、速やかに獣医の診察を受けましょう。

急性胃腸炎の治療法は、主に皮下点滴による輸液療法や、制酸剤を使って胃液の分泌を抑える療法が行われます。その他、体内に残存している細菌やウイルスを排出するために、消化管運動促進剤などが投与されることもあります。又、下痢や嘔吐が続くと脱水症状が起きてしまう為、下痢止め剤制吐剤も処方されます。

5.まとめ

軽度の急性胃腸炎なら数日で自然治癒できます。しかし、重度の場合にはわんちゃんにとっては苦痛なので、病院で適切な治療を受けましょう。

基本的には通院で治療でき、注射や点滴によって嘔吐や下痢が止まれば、後は内用薬で迅速に回復できます。

わんちゃんライフとは 商品ラインナップ お客様の声 健康情報コラム ご利用ガイド サイトマップ
公式LINE
公式LINE