わんちゃんライフ

わんちゃんライフ

0120-119-032

受付時間 10:00〜18:00

お問い合わせ

愛犬の心臓病の原因・症状とは?

心臓のトラブル「心不全」?

心臓は身体の中で、血液を全身と肺に循環させる役割を担っています。言わばポンプのようなものです。しかしその機能に異常をきたしている場合、心臓病を患っている可能性があります。とくに中年齢以降の犬の心臓病はよく見られる病気で、珍しいものではありません

心臓病という言い方のほかにも、「心不全」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。心不全には急性心不全と慢性心不全があります。急性心不全とは、急激に心臓の機能が低下し、命を落としてしまう状態の事を指します。一方、慢性心不全は、心機能の低下が時間をかけて徐々に起こり、心不全が進行していくのです。

 

心不全ってどんな病気?

心不全ってどんな病気?

※図は人間の心臓です。

犬の心不全の中で最も多いと言われているのが、「僧帽弁閉鎖不全症」と呼ばれる疾患です。心臓は右心系と左心系があり、それぞれ特有の疾患があります。しかしこの僧帽弁閉鎖不全症は、左心系で右心系でも起こることが多いのです。

「僧帽弁」とは、心臓の左心室と左心房を分ける弁のことを指します。この疾患は、僧帽弁が腫れて変性することで、心室と心房を分けることができなくなってしまうのです。それによって、心臓が動いて収縮したときに、左心室から左心房に血液が逆流してしまいます。この状態だと、全身に血液が流れにくくなってしまい、血液が必要な量を送られなくなり、血液が心臓にたまったままになってしまいます。その結果、心臓の肥大化や肺に水が溜まることになり、身体にも影響を及ぼします。

その症状として、呼吸が荒くなる、夜間になると喉に引っかかるような咳が出ることがあります。また運動や興奮したりすると、すぐに疲れてしまうといった様子も見られます。

ちなみに、右心房と右心室を分けている弁は三尖弁といいます。僧帽弁の具合が悪くなると、三尖弁も悪くなってしまうというパターンも多くなります。

僧帽弁閉鎖不全症の原因は、特にわかっていません。ただし中高齢の小型犬で発症することが多い病気といわれています。病気にかかりやすい犬種として、チワワやキャバリア、トイプードルやポメラニアンなどがあげられます。

 

さまざまな犬の心臓病

さまざまな犬の心臓病

ほかにも犬の心臓病で知られているのが「フィラリア症」です。フィラリアとは寄生虫の名前で、感染している蚊に犬が刺されることで、体内に幼虫が入ってしまいます。この幼虫が成虫になって繁殖すると、肺動脈に寄生するのです。これによって血液の流れが悪くなり、咳や呼吸困難などの症状が発生します。そして最悪の場合、死に至ることもあります。

ただしフィラリア症は、定期的な駆除薬の服用や予防接種によって、未然に防ぐことができる病気です。そのため、フィラリア症にかかる犬は少ないと言われています。

 

もう一つ心臓病の例として、心臓の筋肉に異常が起こり心機能の低下を起こす、拡張型心筋症と言われる疾患もあります。これは、心臓の筋肉が収縮する力を低下させてしまい、血液を全身に送る力が弱まってしまうのです。これによって、心臓を構成する右心房・右心室・左心房・左心室が拡張してしまうのです。初期状態においては無症状ですが、徐々に食欲や体力が低下し、運動を嫌がるようになります。また咳が出るようになり、重症化すると呼吸困難になってしまします。

拡張型心筋症も、なぜ発症するのか原因は分かっていません。ただし特徴として、中年齢の大型犬で見られる疾患と言われています。この病気にかかりやすい犬種としては、ドーベルマンやセント・バーナード、ゴールデン・レトリバー、ジャーマン・シェパードなどが挙げられます。さらに性別差もあり、オスの方がかかりやすいといわれています。

 

心臓病はどんな検査をするの?

心臓病はどんな検査をするの?

犬の心臓病は、検査によって発見することができます。聴診によって心臓に雑音が聞こえた場合は、レントゲン検査やエコー検査によって判断をします。また心疾患が別の臓器の影響から発症している場合もあるため、血液検査や尿検査などを行う場合もあります。いずれも、定期健診を受診することによって早期発見しやすくなり、軽い症状で進行を抑えらます。

また治療においては、薬による内科的治療を行い進行を遅らせる、症状を緩和することが目的となります。腹水や胸水がたまっている場合は利尿剤を、血管の拡張を抑える場合は強心剤をそれぞれ服用します。

 

犬の心臓病は初期状態においては、無症状の場合があり、息切れや運動能力の低下は、「加齢によるものかな」と見過ごしがちであるため、初期状態で心臓病の発見は困難です。こうした状態が長く続くのか、異常な呼吸や咳が出ていないかなどを日頃から観察することが大切です。日々の健康観察や定期健診などの受診により、早期発見や予防に努めましょう。

わんちゃんライフとは 商品ラインナップ お客様の声 健康情報コラム ご利用ガイド サイトマップ