わんちゃんライフ

わんちゃんライフ

0120-119-032

受付時間 10:00〜18:00

お問い合わせ

シニア犬にはどんなドッグフードがおすすめ?年齢に合わせたごはんを紹介

シニア犬に食事を与える際に気を付けておくこと

老犬 ごはん
シニア犬になると、成犬の時とは体の状態が徐々に変わってきますので、食事の内容もそれに合わせて調整してあげることが必要です。

いくつかの点を注意しないと、病気や事故のリスクが高まることもありますので、しっかりと配慮できるにしておきましょう。

ドッグフードの形や硬さに気をつける

シニア犬になると噛む力が弱くなりますし、歯周病などもあって歯が少なくなっているケースが多いです。

それなのに硬い食事だと、噛み切れないまま飲み込んでしまい消化不良を引き起こします。

また、単純に食べづらいということで、食べる量が減ってしまうこともあるのです。

さらには、胃の方に食べ物が行かずに肺に入って、誤嚥性肺炎を引き起こす可能性もあるため、柔らかく小さめの形状にしてあげることが、シニア犬には必要なのです。

栄養バランスにも注意する

若い時よりも体の代謝も運動量も落ちていますので、消費カロリーは少なくなります。

以前と同じようにあげていると、肥満や糖尿病のリスクが高まってしまいます。

また、どうしても筋肉が落ちる傾向にあります。

筋肉が落ちると運動をするのが大変になり、さらに筋肉が落ちるという悪循環に陥ります。

そこで、

・筋肉を作るためのタンパク質を多めに摂取させる

・低脂肪

・ビタミンやミネラルをしっかりと含んだ栄養バランスの良い食事

を心がけましょう。

水分不足にならないように注意する

犬が老化によって水分不足に陥るのは、

・喉が渇いているということを感じにくくなる

・自分で水を飲むのがおっくうになる

が主な原因です。

そのため、不足しがちな水分を食事で補ってあげるようにします。

そのため、ドライフードだけでなく、ウェットタイプのものを組み合わせたり、水でふやかしてあげたりします。

こうすることで、水をあまり飲まなくなっても十分な水分を摂れるようになります。

また、手作り食も手軽に良質なたんぱく質を摂取することが出来るのでおすすめです。

老齢時期に合わせたおすすめごはん

老犬 ごはん

➀7歳以上の犬におすすめ

7歳以上の犬の食事は、主に高タンパクで低エネルギー、低脂質であることが基本です。

そこで、おすすめなのが小粒でチキンなどのタンパク質を多めに配合したドッグフードです。

小粒フードのメリットとして、

・粒が小さいので食べやすくて安心

・水でふやかしてあげる時もすぐに柔らかくなる

というものがあります。

そのため、ドライの状態であげるのにも良いですし、柔らかくしてあげたい時にも便利です。

それほど体調や生活習慣に問題がないということであれば、こうした使いやすい製品がおすすめです。

ドライフードだと保管がしやすいですし、あげる量の調整も楽だからです。

また値段という面でもウェットタイプよりも割安なものが多いので、飼い主にとっての負担も少なくて済みます。

 

②10歳以上の犬におすすめ

10歳以上の犬になると、歯が弱くなる、消化不良、食事量が減るなどの症状が発生し、十分な栄養が取れず痩せてしまうことがあります。

なので、食事は少量で十分に栄養の取れるフードが取れることが重要です。

そのような時は、栄養の高い半生タイプのドッグフードをおすすめします。

ドライフードに比べるとかなり柔らかいので、食べやすく歯が少なくなっても問題ありません。

また、つぶしやすいので、水でふやかしながらつぶしてあげるのにも便利です。

注意が必要なのが、こうした製品には酸化防止剤や合成保存料が含まれていることが多いので、買う際には気をつけましょう。

より健康状態が落ちてきたら、完全にウェットタイプのものをあげることも検討すると良いでしょう。

自分で水を飲むのが難しくなっている犬でも、水分を摂れるという効果があります。

また、噛む力がなくなっても問題なく飲み込めますので、誤嚥などを防ぐためにも効果的です。

ごはんを食べない時の対処法

老犬 ごはん
シニア犬になると、どうしても食欲が落ちてきます。

疲れている時調子が悪いときは、ごはんをほとんど食べないこともありますし、好みが変わってしまうこともあります。

そのような時は、まず形状を変えてみましょう。

水でふやかした上でつぶしてあげると、同じドッグフードでも食べてくれることがあります。

食べやすいということに加えて、つぶすことで匂いが立つからです。

また、今まで食べていたフードの上に少しだけ入れてあげるのもおすすめです。

かつお節やチーズ粉末など、好みのものを選んであげることができます。

シニア犬用のごはんに変える時にも注意が必要です。

一気に変えると食べないことがありますので、以前のものに混ぜて、比率を増やしながら移行していくのが良いです。

こうすることで、好みが違っていてもスムーズにドッグフードを変えることができます。

~
わんちゃんライフとは 商品ラインナップ お客様の声 健康情報コラム ご利用ガイド サイトマップ