わんちゃんライフ

わんちゃんライフ

0120-119-032

受付時間 10:00〜18:00

お問い合わせ

犬の膵炎はどんな病気?症状や原因について解説

床で横になる犬

愛犬がごはんを食べない、吐くなどの症状を見せたら心配ですよね。

もしかしたらその症状は膵炎のサインかもしれません。

今日は犬の膵炎について原因から治療法まで解説していきます。

目次

人間も犬も発症する膵炎とは?

犬の膵炎の種類と症状

急性膵炎の治療法

急性膵炎の予防法

犬の膵炎には日々の健康観察が重要!

人間も犬も発症する膵炎とは?

犬の膵臓のしくみは?

(※図は人体のものです)

腸内での消化活動を円滑に行ってくれる膵臓(すいぞう)ですが、ここで分泌される膵液は、膵臓そのものを溶かしてしまうほど強力なものです。

そのため通常膵液は、十二指腸において腸液と混ざり合い活性化することで機能します。

膵炎とは、何らかの原因で膵臓内で自己消化が発生し、膵臓自体や腹腔内の臓器にダメージを与えている状態のことです。

膵炎はシニアを迎えた犬や、食生活などの生活習慣によって、若年層の犬でも発症してしまう可能性があります。

主な原因として、高脂肪食食べなれていない食事肥満などがあります。

また、膵炎には慢性膵炎急性膵炎の2種類があり、急性膵炎から慢性膵炎に発展しますが、具体的にどのような要因で発展するのかはわかりません。

犬の膵炎の種類と症状

問診される犬

 

膵炎には、『急性膵炎』『慢性膵炎』の2つの種類があります。

特効薬がないので、早期発見、早期治療が大切です。

そのためには膵炎の具体的な症状について知っておく必要があります

これから、それぞれの病状が初期末期の時の症状について解説していきます。

急性膵炎

犬 病気

急性膵炎は、膵臓へ急激な炎症が起きることで発症します。

また、急性膵炎は重症化した場合、多臓器不全や血液の凝固異常などを引き起こす危険もあります。

≪初期症状≫

症状の初期は、食欲が落ち突然の下痢や嘔吐が見られます。

よだれの量も多くなってきたら注意が必要です。

また腹痛が見られるため、前傾姿勢で前足を低くさせ、お尻を高く上げる体勢を取ることがあります。

これはお祈りのポーズと言われ、腹痛を起こしているサインなので気をつけましょう。

≪末期症状≫

症状が末期になると、黄疸によって犬の白目部分が黄色に見えるようになります。

また腎不全糖尿病など、膵炎以外の症状を引き起こしてしまう場合もあります。

炎症が激しい場合、犬の免疫機能も低下してしまいます。

血管に血液が詰まることで血栓ができ、さまざまな臓器に傷がついてしまうリスクもあり危険です。

 

【関連リンク】

犬の急性膵炎について

犬の腎不全ってどんな病気?原因から治療法まで徹底解説

 

慢性膵炎

犬 病気

慢性膵炎においても、嘔吐下痢食欲不振などの消化器系の疾患が症状として挙げられます。

消化器系の疾患があると、痩せることも多いです。

このような症状が長期間続くと、慢性膵炎になります。

また急性膵炎を発症した犬が、回復期に異常をきたし、慢性膵炎になってしまう場合もあります。

急性膵炎と似た症状が、断続的に続くというのが慢性膵炎のポイントです。

≪初期症状≫

慢性膵炎の初期症状も、急性膵炎と同じようなものが現れます。

ただし、突然発症する急性膵炎と比べ、慢性膵炎は徐々に症状が現れます。

そのため発症に気づくのが遅れてしまう場合もあります。

具体的な症状としては、食欲の低下断続的な下痢・嘔吐です。

消化機能の低下によって口臭が出る場合もあるので、注意して観察することが大切です。

≪末期症状≫

症状の末期においても、急性膵炎の末期と同じ症状が見られます。

また膵炎から播種性(はしゅせい)血管内凝固症候群という炎症による疾患が進みます。

この疾患が末期状態になってしまうと、死に至ってしまう可能性があります。

【関連リンク】

犬の食欲低下、嘔吐は慢性膵炎のサイン?症状や治療法について解説

 

治療法

倒れるチワワ

≪急性膵炎≫

犬 病気

急性膵炎は非常に致死率が高く慢性化しないためにも早期治療が重要です。

急性膵炎の治療法は主に

輸血治療
・制吐薬や鎮痛薬の投与
・絶食
・経腸栄養

などがあります。

輸血治療はもっとも効果の高い治療法で、静脈点滴により膵臓組織の自己消化を抑えるために行われ、数日間入院し輸液治療をします。

制吐薬はわんちゃんの嘔吐症状を抑えるために使われます。

また、膵臓を休ませるため絶食を行い、その間は栄養を補うために経腸栄養を行います。

1週間ほどでわんちゃんが回復すると、低脂肪食に切り替えます。

症状が軽度であった場合、多くはこれらの治療でわんちゃんの病態はよくなります。

しかし、急性膵炎は治療しても再発や慢性化の恐れがあるので日頃からわんちゃんが不調ではないか注意してください。

 

≪慢性膵炎≫

犬 病気

慢性膵炎は、軽~中程度の症状が長期にわたって続いている状態です。

したがって、治療法は食事療法制吐剤です。

食事療法では急性膵炎と同じく低脂肪食で肝臓への負担を抑えます。

また、慢性膵炎の進行により膵外分泌不全や糖尿病を併発している可能性があるため気をつけましょう。

【関連リンク】

犬の膵炎の治療費・手術費はいくら?

 

予防法

おもちゃで遊ぶ犬

膵炎の予防方法は、

肥満や高脂肪なおやつやフードを避ける

・バランスの良いごはんを食べさせる

・内分泌疾患(副腎皮質機能亢進症や糖尿病、甲状腺機能低下症)を持っていたら膵炎を疑う

です。

特に高脂肪なおやつやフード、バランスの悪いごはんを与えると結果的に肥満やその他病気のリスクになります。

したがって、わんちゃんに栄養を考えたバランスのいい食事を与えることが膵炎の予防に繋がります。

 

犬の膵炎には日々の健康観察が重要!

日々の健康観察が重要!

膵炎は早期発見し症状が軽い場合はその後の治療で回復します。

点滴投薬絶食絶水食事療法などの内科的治療を行っていきます。

ただし重度の場合や、合併症などを引き起こしている場合は、手術を行う可能性も出てきます。

また膵炎は一度治っても再発する恐れもあります。

とくに生活習慣が原因となっている場合は、その改善を行わなければ、再発してしまうかもしれません。

食生活をはじめ、適度な運動を行うなどの、健康管理に努めることが大切です。

定期的な健康診断も大切ですが、身体の様子に変化が見られた場合は、すぐにかかりつけのクリニックへ相談しましょう。

わんちゃんライフとは 商品ラインナップ お客様の声 健康情報コラム ご利用ガイド サイトマップ