わんちゃんライフ

わんちゃんライフ

0120-119-032

受付時間 10:00〜18:00

お問い合わせ

犬の膵炎はどんな病気?種類ごとの症状について解説!

人間も犬も発症する膵炎

腸内での消化活動を円滑に行ってくれる膵臓ですが、ここで分泌される膵液は、膵臓そのものを溶かしてしまうほど強力なものです。そのため通常膵液は、十二指腸において腸液と混ざり合い活性化することで機能します。しかし膵炎を患うと、膵臓内で膵液が活性化してしまい、膵臓で強い炎症を起こしてしまうのです。

膵炎はシニアを迎えた犬や、食生活などの生活習慣によって、若年層の犬でも発症してしまう可能性があります。とくに人間の食べ物を与えられている犬は、脂肪分を多量に摂取している可能性があります。また運動不足で肥満になっている犬も要注意です。私たち人間も、過度な飲酒や肥満で膵炎になってしまうように、犬も膵臓に負担がかかっている可能性があるのです。

 

膵炎の種類と症状

急性膵炎

急性膵炎は名前の通り、突然発症して症状が進行します。膵臓へ急激な炎症が起こり、嘔吐をはじめ腹痛などが生じます。急性膵炎を発生させた多くの犬に見られる症状が、食欲不振と嘔吐です。急性膵炎は重症化した場合、多臓器不全や血液の凝固異常などを引き起こす危険もあります。黄疸や発熱、脈の速度があがるなどの場合は、命の危険に繋がる可能性もあるので、決して侮ってはいけません。

また嘔吐や腹痛のほかにも、下痢や脱水なども見られるので、注意深く愛犬の様子を観察することが大切です。ほかにも持病を持っている犬も、急性膵炎の発生率が高いと言われています。具体的には糖尿病や胆のうの疾患、甲状腺機能低下症、高カルシウム血症などを持っているケースです。

症状の初期は、食欲が落ち突然の下痢や嘔吐が見られます。よだれの量も多くなってきたら注意が必要です。また腹痛が見られるため、前傾姿勢で前足を低くさせ、お尻を高く上げる体勢を取ることがあります。これは祈りのポーズと言われ、腹痛を起こしているサインです。

症状が末期になると、黄疸によって犬の白目部分が黄色に見えるようになります。また腎不全や糖尿病など、膵炎以外の症状を引き起こしてしまう場合もあります。炎症が激しい場合、犬の免疫機能も低下してしまいます。血管に血液が詰まることで血栓ができ、さまざまな臓器に傷がついてしまうリスクもあるのです。

 

慢性膵炎

一方で慢性膵炎の場合でも、嘔吐や下痢、食欲不振などの消化器系の疾患が症状として挙げられます。このような症状が長期間にわたって繰り返されます。また急性膵炎を発症した犬が、回復期に異常をきたし、慢性膵炎になってしまう場合もあります。急性膵炎と似た症状が、断続的に続くというのが慢性膵炎のポイントです。持続的に症状が繰り返されるため、犬が痩せていることも多いです。

慢性膵炎の初期症状も、急性膵炎と同じようなものが現れます。ただし、突然発症する急性膵炎と比べ、慢性膵炎は徐々に症状が現れます。そのため発症に気づくのが遅れてしまう場合もあります。具体的な症状としては、食欲の低下や断続的な下痢・嘔吐です。消化機能の低下によって口臭が出る場合もあるので、注意して観察することが大切です。

症状の末期においても、急性膵炎の末期と同じ症状が見られます。また膵炎から播種性血管内凝固症候群という炎症による疾患が進みます。この疾患が末期状態になってしまうと、死に至ってしまう可能性があります。

膵炎は一見すると、他の消化器系の疾患と混乱しがちです。膵炎か否かはクリニックによる医師の診断と検査で確認することが大きなポイントとなります。

 

膵炎で注意すべき食事

膵炎になってしまった場合、気をつけなければならないのが食事です。とくに低脂肪のものに切り替えることが重要です。手作りの食事の場合は、ササミやサツマイモ、ジャガイモなどを意識して取り入れましょう。また市販のドッグフードの中には、膵炎を患った犬用の物も売られています。通常のドッグフードの脂肪含有率は13%程度ですが、膵炎の犬用のものは、5%前後になっています。消化機能が弱っているため、消化や吸収を助ける食事を意識することが大切です。また治療中も、これまで与えていた食事やおやつなどをそのまま与えてもいいのか、医師に確認することも大切です。食事の見直しが必要となるので、適宜相談をするようにしましょう。

 

膵炎は、発症の決定的な理由は明らかになっていない病気です。しかし、生活習慣を見直し、バランスの取れた食事や運動を行うことで、予防することは可能です。人間同様に、愛犬の健康管理にも努めるよう心がけましょう。

わんちゃんライフとは 商品ラインナップ お客様の声 健康情報コラム ご利用ガイド サイトマップ