わんちゃんライフ

わんちゃんライフ

0120-119-032

受付時間 10:00〜18:00

お問い合わせ

犬が下痢したときおすすめの食事!お腹にいい食材は?NG食材は?

愛犬が下痢をしてしまった時は

人間が体調を崩した時、基本的には消化の良い物が好まれるように、犬にとっても下痢気味の時にはいつも与えているドッグフードよりも適した食べ物があります。嘔吐や発熱、血便といった他症状を伴わない下痢の場合、概ね一過性で緊急性の低い下痢とされています。しかし、アレルギーほどの強い症状でなくともいつも食べさせている、或いは新しく食べさせ始めたフードがその下痢の原因となっている事もあります。下痢をしていても元気があるようならば食事を与えても良いものの、そんな時に適切な食べさせ方、適切な食材がいくつか存在しています。

 

愛犬が下痢をしている時に適した食材と食べさせ方

 

まず、成犬の場合半日~1日ほど絶食させて、胃腸を休ませて様子を見るのが良いとされています。そして次に与える食事は量を減らす、いつもより柔らかくするといった負担を軽減する食事への工夫が必要になってきます。またこの時、水分までは絶食せず、新鮮な水を摂らせるようにしましょう
下痢をした時に適している素材は、少量の食事で栄養が取れる高タンパク質・低脂肪」の食材、「食物繊維が豊富」な食材です。これらがメインで作られているフード、もしくは調理する事で、消化の良さを重視した食事を与えましょう。

 

【高タンパク質で低脂肪の素材】

この条件に適した素材は、鶏ささみ、鶏むね肉、白身魚です。この時、加熱しきったタンパク質は性質が変わり、犬にとっては逆に消化を悪くしてしまう、アレルギーの原因にもなってしまう事があります。ただし鶏肉の場合、表面にサルモネラ菌が付着していることもあるので、軽く表面の色が変わる程度にゆでる等の低温加熱が適切だとされています。低脂肪としているのも、脂肪が多い素材では加熱によって酸化された脂肪が消化の妨げになる為です。

 

【食物繊維が豊富な素材】

サツマイモ、おから、かぼちゃといった食物繊維が豊富食材は、胃腸の運動性を高めます。一種類の食物繊維よりも、少しずつ複数の種類の食物繊維を与えるとより効果的です。こちらは消化に良いという目的ではなく、胃腸の運動性を高める=糞の固形化を促します。ただし、弱った胃腸に大量に与えてしまうと負担が大きくなってしまうので注意が必要です。
医師の診断を受けて「大腸」「小腸」のどちらに問題があったか判っているケースでは、「大腸」に問題がある場合には食物繊維を多めに与えましょう。逆に「小腸」に問題があった場合は消化の良さを最優先とし、食物繊維は少なめにしましょう

 

【整腸、消炎作用のある葛湯】

お湯に溶くととろみがつく素材である本葛は、良質で高カロリーのでんぷん質です。整腸作用がありつつ消化に良いので、葛湯にして冷ましてから与えれば、咀嚼して食べる元気のない時であっても舐めるだけで栄養補給と水分補給が出来る素材です。腸の粘膜を保護する、炎症を抑える、体を温める効果も見込めます。

 

下痢を防ぐフード切り替えの方法

健康であっても下痢になってしまう原因の1つに、急激なドッグフードの切り替えが挙げられます。食べ慣れていたドッグフードから新しいドッグフードにすると、体に馴染むまで下痢になってしまうケースがあります。新しいドッグフードに切り替えたい場合は、今までのドッグフードに新しいドッグフードを混ぜて与えて、徐々に新しいドッグフードの割合を増やしていきましょう
また、梅雨~夏場に多いケースでは、封を切ったドッグフードが袋の中で湿気てカビが生えてしまい、それによって中毒→下痢・嘔吐に繋がる事があります。この時期は大袋のフードを避ける、しっかりと口を閉じる、直射日光と高温多湿を避けるなどの注意が必要です。ただし、だからといってドライフードを冷蔵保存してしまうと、冷蔵庫から取り出す→使う→戻す過程の温度さによって袋の内側が結露してカビの原因となります。高温多湿を避けた常温保存を心掛けるようにしましょう

無理やりには食べさせない、脱水症状にだけ注意を

高タンパク質で低脂肪、高エネルギー、食物繊維を豊富に含んだ犬用の手作りレシピは、既にネット上で数多くの人が公開しています。犬の体調、犬の好みを考えつつ、可能ならばかかりつけの獣医師に相談・確認の上で与えてください。食べる元気のない犬に、無理やり食べさせるのは逆効果です。脱水症状にだけは気を付けて、労わり、優しい言葉をかけて寄り添い、様子をみてあげましょう。

わんちゃんライフとは 商品ラインナップ お客様の声 健康情報コラム ご利用ガイド サイトマップ